寒い季節になると、男ウケするニットアイテムが手放せなくなりますよね。
ふわふわした印象の可愛いニットは、デートの際などにも大活躍することで知られています。
しかし、中には男ウケの悪いニットアイテムもあるようです。

そこで、男から勘違いされがちな「要注意ニット」をご紹介します。

(1)モコモコ過ぎるニット

『デザインは可愛いんだけれど、着てみると太って見えた……』(26歳/金融)

モコモコのニットは、癒し系で男ウケする印象をお持ちの方が多いようです。
モコモコのニットは触り心地が良く、確かに癒し系な印象にも繋がります。
しかし、モコモコ過ぎるニットはボリュームがあるように見えてしまうことも。

体格がいいと思われてしまうのを避けるには、モコモコ過ぎるニットは避けるようにしましょう。
体のラインがわかる程度のモコモコ感がちょうどいいと言えます。

(2)裾がリブデザインのニット

『ウエストの割に肩幅が大きく見えて、バランスが悪くなってしまった』(29歳/公務員)

裾にリブが入ったニットは、ウエストが細く見えることからスタイルアップに繋がると思っている方が多いようです。
しかし、実際着てみると胸から肩にかけて体格がよく見えることも。

そのため、肩幅が広く見えることから男ウケが悪い傾向にあります。
上半身は服のデザインによって体格が左右されやすいので、ニットを選ぶ際にはデザインのチョイスを失敗しないよう心がけましょう。

(3)伸びにくいニット

『あまりにもぴったりしていると体格が出てしまうのが難点』(27歳/エンジニア)

ストレッチが効かないタイプのニットは、密着感があり体型が出やすい傾向にあります。
厚みのあるニットがぴったりフィットすると、体格がよく見えます。
厚みのあるニットは、ゆるふわな印象のデザインが最適と言えます。

硬めの伸びにくいニットは、触り心地もゆるふわニットに比べ劣ることも。
そのため、男ウケするニットを選ぶなら伸びにくいニットは避けることをおすすめします。

(4)厚手のニットはNG

『厚手のものは避けるようにしています』(24歳/保育士)

基本的に厚手のニットは着太りしてしまう傾向にあります。
厚手のニットでも、滑らかでふわっと着るタイプであれば体型が隠れます。
しかし、厚手のフィットするタイプのニットは体格がよく見えてしまいます。

男ウケするためには、出来るだけ体格がよく見えないようなニットを選ぶべきと言えます。
そのため、ニットを選ぶ際には自分の体型に合ったものを選びましょう。


男から勘違いされがちな「要注意ニット」は、自分ではなかなか気付かず着ていることもあるようです。
そのため、NGニットの特徴を参考に、ニットを選ぶ際には体格がよく見えないよう充分注意しましょう。

(恋愛jp編集部)