一緒にいると苦痛に感じる女性とは、一体どのようなタイプを指すのでしょうか。
今回は、男性の知られざる本音を暴露していきます!

(1)終わりのない長い話

『話が長いと、だんだんイライラしてくるんだよね』(25歳/通信)

女性は話をするのも聞くのも大好きな生き物です。
そのため、トークに花が咲いてしまうと、時間も忘れて話し込んでしまう人も多いかもしれませんね。
しかし、そんな姿は男性たちから大不評!

男性は話の過程を大切にする女性とは違って、結論を欲しています
話を長々聞くよりも「一体何が言いたいのか」という答えを早い段階で求めているのです。

にも関わらず、話の過程を延々と聞かされたら苦痛に感じてしまうのは自然なことなのかもしれません。
もし、話している最中に男性の反応が淡泊になってきたら、結論への道を少し早めることをオススメします。

(2)重たい

『重い子、絶対無理!』(24歳/広告)

「私のこと好き?」「朝と夜は絶対電話しようね」なんて無茶な提案を彼にしていませんか?
もちろん、恋愛がスタートして間もない段階であれば多少の無理なお願いも「可愛い」で済まされるでしょう。

しかし、時間が経つにつれて男性は、女性からのお願いを束縛と捉えるようになります。
最終的には「重たい」「苦痛」と認識され、2人の仲は溝が深まる一方。
約束やルールを設ける際は、必ず男性の意見も取り入れて自分本位の考えに陥らないよう注意しましょう。

(3)かまってちゃん

『子どもじゃないんだから……と思っちゃう』(30歳/インストラクター)

彼に構ってほしいからといって、自分の気持ちを押し付けていませんか?
「風邪ひいちゃった」「足が痛くて歩けない」といった状況は誰にでも起こりうること。
しかし、毎度のように上記のようなセリフを告げられたらさすがに男性も参ってしまいます。

「まただよ」と思われたら、彼女を心配する気持ちよりも苦痛が勝ってしまうでしょう。
最悪の場合、自己管理ができない人と認識されて男性から距離を置かれる恐れも……。
何かあればすぐに彼を頼りにしてしまう人は、自立性を持った行動を意識して彼をあっと驚かせちゃいましょう。

(4)完璧すぎる

『逆に魅力がないんじゃない?』(28歳/会計)

仕事もできてスタイル抜群、おまけに料理もこなせる完璧な女性は、一見モテモテなイメージしか沸きませんよね。
しかし、実は完璧すぎる女性は男性を遠ざけてしまいがち

釣りあわせるのが苦痛」「全部負けてるから自信を失くす」など、完璧であるがゆえに男性の心にダメージを与えてしまっているのです。
彼の前では甘えたり弱い部分を見せたりすると、男性をキュンとさせることができるので何事も無理なくこなせる人は意識してみましょう。


大好きな人と一緒にいるのに苦痛と思われたらとてもショックですよね。
今回紹介した特徴は、すぐに改善できるものもあるのでさっそく今日から実践して彼との愛を上手に育んでいきましょう。

(恋愛jp編集部)