理想の恋人といえば、どんな人のことを言うのでしょうか?
見た目が良いのも大事ですが、やっぱり自然と「相性が良い」と思える相手が一番ですよね。
彼や好きな人にとって大事な存在になるためには、相性の良さを重視することが大切。

そこで今回は、男性が女性に「相性がいいと感じる」瞬間についてご紹介していきます。

(1)笑いのツボが同じだった時

『同じポイントで笑えるのは、重要!』(22歳/ライター)

会話の時やテレビを観ている時など、同じようなところで彼と笑っていると嬉しいですよね。
笑いのツボが同じというのは、なんとなく感性が似ている証拠。
会話のスムーズさも普段から感じることが多いのではないでしょうか?

逆に笑いのツボが一切合わないと、会話の中の共感ポイントもかなり少なくなるもの。
一方がウケている時に片方がウケていない……。
これでは会話が盛り上がるはずがありませんよね。

男性は意外と笑いのツボから相性の良さを感じとるところがあります。

(2)好きな物や趣味などの共通点が多い時

『趣味が合うと、一緒に過ごす時間が増えるね』(26歳/商社)

趣味や好きな物事の共通点がたくさんあると、相性がいいなと感じる男性は多いでしょう。
同じものを好きだと言えるのは、価値観が似ている証拠にもなります。
話もかみ合いやすいはずですし、相性の良さは節々に感じるはず。

同じ趣味の話で盛り上がれると、恋人でも友達同士でもかなり楽しい空気になりますよね。
楽しい空気を感じられる存在=相性の良い人と判断する人は多いです。

(3)予定が合いやすい時

『男女の関係って、タイミングが大事なんだよね』(33歳/マーケティング)

なぜか相手と予定が合いやすい、お互いにフットワークが軽い等と感じたことはありませんか?
予定が合いやすい、アポが取りやすい等のスムーズさは、相性の良さを考えるうえで非常に重要なポイント。

いつも予定が合いやすいのは、同じ時に求め合っている証拠です。
会えなくて寂しい、すれ違いが多いと思うことがないなんて、相性が良いこと以外にないですよね。

予定の合いやすい彼女を持つと、男性は運命の相手なのかも……なんて思うことも多いです。

(4)沈黙しても重くない時

『やっぱり居心地がよくないと、付き合うまでいかないかな』(29歳/金融)

沈黙しても重くないのは、一緒にいるだけで心地良さを感じられている証拠です。
一緒にいる時の沈黙を嫌がる人は多いでしょう。
だからこそ男性は、沈黙が重くない相手を彼女に求めるもの。

沈黙を気にしなくていい相手は、一緒にいても変にプレッシャーや窮屈さを感じません。
この人ならずっと一緒にいられるはず、と多くの男性が思うはずです。


男性が女性に「相性がいいと感じる」瞬間をご紹介してきましたが、いかがでしたか?
長く付き合えるカップルは、やっぱりお互いに相性が良いもの。
より強い絆を築くためにも、ぜひ相性の良いと彼が感じる瞬間に注目してみてくださいね!

(恋愛jp編集部)