彼に対して一途な気持ちを見せようとしていたつもりでも、彼がかえって重く感じてしまうこともあるでしょう。
男性にとっては、どんなLINEが重く感じてしまうのか、その境界線をきちんと知っておくことはとても大切です。

今回は、男性が「重いと感じるLINE」と「一途と感じるLINE」の境界線についてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

(1)行動を監視しているように感じるかどうか

『5分単位で居場所確認しだしたら、束縛でしょ』(29歳/公務員)

彼が心配になる気持ちはわかりますが、彼の行動を監視するようなLINEは控えるべきです。
「もう家に着いた?」「何時頃帰る?」など、彼の行動を全て把握するようなLINEはとても重い印象を与えてしまいます。

重い印象を与えないためには、「もう家に着いたかな?今日は疲れたと思うからしっかり寝てね!」など、彼の行動に対する返信を強要しないLINEを送ることが大切です。
行動に対する返信を強要しない印象のLINEであれば、彼はあなたが彼自身のことを気遣ってくれているように感じて嬉しく思うでしょう。

(2)自分の気持ちを押し付けすぎていないかどうか

『自分のやりたいことを自分のタイミングで押し付けるのはただのわがままでしょ』(28歳/銀行)

彼に対して、会いたい時に「会いたい」と素直に伝えることはとても大切です。
しかし、彼の事情や状況を全く気にすることなく自分のタイミングのみで「会いたい」と伝えると、重いと思われてしまうでしょう。
彼が忙しい時や大変な時は、気持ちをグッとこらえて支えようとする姿勢を見せることがとても大切です。

「会いたい」と彼に甘える時は、彼にとっての良いタイミングを考慮してから伝えれば、彼をキュンとさせることができるでしょう。

(3)頻繁に送りすぎていないかどうか

『LINEを送ってくるスパンが短いと、他にすることないのかなとか思ってしまう……』(32歳/金融)

彼女からLINEが来て嫌な思いをする男性はいません。
しかし、彼の行動や仕事を妨げてしまうほど頻繁にLINEを送るのはやめましょう。

毎日LINEがくるのはとても一途で可愛らしい印象ではありますが、1日に何十通ものLINEがくると、彼はうんざりしてしまうのです。
彼の負担にならないように、1日に数通程度のLINEを送って彼との愛を深めましょう。

(4)返信を強要していないかどうか

『こっちの状況なんて全く気にしてないんだろうなって感じがすごいんだよね』(35歳/営業)

彼から返信がないと、とても不安になってしまいますよね。
しかし彼は無視しているわけではなく、仕事などの事情により返信ができないこともあるはずです。
また、LINEを頻繁にしない男性の場合、LINEをチェックした後すぐに返信しないという人もいるでしょう。

返信がすぐにこない場合でも、彼が返信してくるまではきちんと待つことが大切です。
彼は彼のタイミングで返信しているということをきちんと理解すれば、返信がこなくてヤキモキすることもなくなるはずです。


いかがでしたか。
今回は、男性が「重いと感じるLINE」と「一途と感じるLINE」の境界線についてご紹介しました。
自分のLINEの送り方を振り返って、彼に重いと思われることのないように気をつけてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)