気になる彼ができたら、LINEを送りあって少しでも距離を詰めたいですよね。
ですがLINEの送り方によっては、彼の中であなたが彼女候補かそうでないかが決まってしまうことがあるのです。

今回は、「彼女になれる女性」「なれない女性」のLINEの違いについてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

(1)LINEでも可愛らしさを意識しているかどうか

『キュンとするかどうかって大事でしょ!』(28歳/IT)

仲良くなって自然にLINEのやり取りをできるのはとても良いことです。
しかし気を許しすぎてあまりにもカジュアルすぎる口調でLINEしてしまうと、「彼女候補」というよりも「女友達」という感覚が強くなってしまいます。

仲良くなった後も、LINEの中でもしっかりと可愛らしさをアピールすることを忘れないようにしましょう。
女性らしさを意識してLINEをすれば、彼もあなたのことを女性として意識するようになるはずです。

(2)LINEのテンポを彼に合わせられるかどうか

『時間の使い方が似てるって重要じゃないですか?』(32歳/金融)

女性側から一方的にLINEを送ってばかりいると、男性はテンポが合わずにうんざりしてしまうことがあります。
彼とLINEをする仲になったら、まずは彼のLINEのテンポを見極めましょう
彼がLINEをする頻度や返信のタイミングなどのテンポを掴んだら、彼に合わせて連絡を取り合うようにしてみてください。

すると彼は義務というった感じはなく、あなたとのLINEを楽しむことができるのです。
テンポがあう相手とは「仲良くしやすい」と彼も感じて、二人の距離を縮めることにつながるでしょう。

(3)自分の話ばかりしていないかどうか

『LINEで話してるっていうよりも、LINEで話し聞かされるって感じの女子いますよね』(30歳/マーケティング)

女性は自分の話をすることが好きな傾向がありますが、あまりにも自分の話ばかりしていては、男性は飽きてしまいます。
相手のことを知ろうとしたり、相手の話を聞く姿勢をきちんと見せましょう。
彼の話をしっかりと聞けば、会話が盛り上がるきっかけになるのはもちろんのこと、彼は「この人はちゃんと話を聞いてくれる」と感じて、

あなたに何でも気軽に話してくれるようになるはずです。
彼の話をしっかりと聞いて、お互いに楽しめるLNEのやり取りを心がけましょう。

(4)きちんとリアクションするかどうか

『つまんないのかなって思っちゃいますよね。そんな子と付き合ってもね』()

LINEでその日あったことを話す時に、相手があまりリアクションしてくれず、「そうなんだー」と単調な返信ばかりでは少し残念な気持ちになりますよね。
彼がその日の出来事をLINEで送って来た時は、一緒に驚いたり、悲しんだり、喜んだりなど、共感してリアクションするように心がけましょう。
すると彼は、どんなことでもしっかりと興味を持って聞き、反応してくれるあなたの振る舞いに好感抱くはずです。


いかがでしたでしたか。
今回は、「彼女になれる女性」「なれない女性」のLINEの違いについてご紹介しました。
あなた自身だけが楽しむのではなく、彼も楽しめるLNEの仕方を心がけて、彼にとっての「彼女候補」を目指しましょう。

(文/恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む