LINEを頻繁にやり取りしているからといって、必ずしも相手があなたに対して好意を抱いているとは限りません。

両思いだと勘違いして彼女気取りのLINEを送ってしまうと、彼にドン引きされてしまうことがあるのです。
今回は、付き合ってもいない女性から届いた「ドン引きLINE」についてご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

(1)返事の催促

『彼女でもないのに既読無視って言われてもさ……』( 26歳/販売)

相手から返信がないと、つい気になってそわそわしてしまいますよね。
そんな時に、「あれ?忙しい?」など返信を催促するようなLINEを送っていませんか?
彼女でもないのに、LINEをすぐ返すことを強制しようとすると、男性は引いてしまいます。

あまりにも催促すると、「なんでそんな気を使ってすぐ返信しなきゃいけないわけ?」と彼をイライラさせてしまうこともあるかもしれません。

そうなってしまっては、彼の気持ちを引きつけるどころか、友達としてさえも仲良くすることが難しくなってしまうでしょう。

(2)何度誘いを断ってもめげない

『もういい加減に気づけよって』(25歳/美容師)

男性をデートに誘った時に、予定があるなどの理由で断られてしまうこともありますよね。
実際に予定があって断られてしまったのであれば、また別の機会にデートに誘ってみることはとても大切です。

しかし何度も理由をつけて断られるようであれば、その理由は断るための口実にすぎない可能性があります。

本当に都合がつかずに断られている場合、代替案として彼は自分から都合がいい日を提案してくるはずです。

そのような彼からの誘いのLINEが一切なく、2、3度デートを断られてしまったらもうしつこく誘うのはやめましょう。

(3)やたらと世話をやこうとする

『部屋が汚いって話したらLINEで掃除しに行くよって言われたんだけどさ……俺実家暮らしだよ(笑)』(29歳/アパレル)

気になる彼に対して家庭的で思いやりがあることをアピールしたくて、彼の世話をやきたいと感じることもあるでしょう。

しかし彼女でもないのに世話をやこうとすると、「なんでお前が?」と彼はドン引きします。
例えば彼の部屋が汚いことを知った時に、「私が片付けてあげる!」と出しゃばると、かえって迷惑になってしまうのです。

彼女でないうちは、彼のプライベートに無理やり入り込もうとするのは控えましょう。

(4)SNSにアップしたことに対してあれこれ言う

『すぐに俺のインスタに反応してくれるんだけどちょっとストーカー気質?って怖くなった』(27歳/営業)

友人と出かけたことなどを彼がSNSにアップしているのを見つけるたびに、「いーなー!!私も行きたかったよ」などとLINEを送っていると、うざがられてしまうことがあります。

彼のSNSの投稿全てにあれこれ言っていると、彼はあなたのことを「ストーカーかよ」と感じて引いてしまうのです。

彼のSNSの投稿を見つけても、そのことにいちいち触れすぎないようにしましょう。


いかがでしたか。
今回は、付き合ってもいない女性から届いた「ドン引きLINE」についてご紹介しました。
「ドン引きLINE」で印象を悪くしてしまうことのないよう、日頃から注意してくださいね。

(恋愛jp編集部)