世の中には星の数ほど男性はいるもの。
そして、LINEという通信手段で、無限大の男女の組み合わせができます。
さて、本日は男性が女性に対してうっとうしく思う「勘違いLINE」を4つご紹介します。

(1)自分以外を下に見ている

『そういう子、可愛くても陰で男の評判がすごい悪い』(24歳/福祉)

男女の友達が主催の3対3の合コンの時。
男性が「今日はセッティングしてくれてありがとう」と丁寧お礼を言ったのに対して、女性は「もうちょっとレベルの高い人を用意してくれたら嬉しかったんだけど」というLINE。

このLINEには男性も怒り心頭です。
この女性の感想も間違いではなかったのかもしれないけれども、自分以外を下に見ている物言いに男性は何か勘違いしている、と思ってしまいます。
この性格ブス!と思われないような返信を心掛けたいですね。

(2)自分がモテていると思っている

『本当にモテる子って、人にそういうこと言うかな?』(28歳/事務)

まず、女性自身が自分をモテていると思っているパターンです。
男性に対してこのようなLINEをしてきたらどうでしょうか。
「弁護士の彼か、医者の彼。どっちにも言い寄られて迷っているんだよね」

「なんだこいつは」と思うこと間違いないでしょう。
そして、「俺に言うな」となりますね。
当然のことながら。

このように、自分のことをモテていると信じている女性。
さらに、それを悩み相談のように男性に相談してくる女性は、
男性にとって非常にうっとうしい勘違いしている奴だと思われてしまいます。

(3)彼女でもないのに説教くさい

『おせっかいな女は嫌い』(25歳/飲食)

女性としてはついついやってしまう説教。
子どもを育てる上で本能的に刻み込まれている行動です。

しかし、男性にとってはそれはただの「お母さん」です。
男性があなたに「今日の約束だるいからキャンセルしようかな~」といったときに、あなたが「そういうのよくないよー!」と返事をする場面。

この返答には男性もイラっとしてしまいます。
あなたに弱みを吐くLINEをしているということは、彼はそれを共感されたいのでしょう。

なので、できるだけ「なぜ?」や「なんかあったの?」と返してあげましょう。
けれども、それにも満たない甘ったれな男子には既読無視しちゃいましょう!

(4)次回のデートのお誘い

『お互い遊びだと思ってたのに……ってことあるな……』(32歳/証券)

一回きりの関係だけで、特にそれ以上は求めていない彼。
女性にとっては大敵なこういった男性諸君。
そんな男性にとっては、行為後の女性の「今度いつ会える?」というかわいらしいLINEでさえも億劫だと思ってしまうようです。

しかし、女性にとって関係をもつことは、ある一定以上の好意は抱いていますよね。
なので、その返答があっさりとした返事であったら、それ以上は踏み込まないのが吉。

彼らのテリトリーを無理やりこじ開けて入れば、ただの侵入者になってしまいます。
好意を抱いた彼だから辛いけれども、できるだけさっさと離れましょう
それでも、そんな男性ばかりではないので、落ち込まなくても大丈夫。


男性がうっとおしく思うLINEというのは、性別を変えても同じような受け取り方ができますね。
実際には、自分のことばかりを考えている人がそうなりがち。

LINEだと言葉や直接会うのとは違うので、さらに勘違いが起こることが多いです。
思いやりのある言葉をお互いにかけられたらいいですね。

(恋愛jp編集部)