好きな人がいたら、付き合いたい!って思いますよね。
でも、彼はどうも自分に興味がなさそう……。

そんなときは、恋愛においても心理テクを使うと効果的です。
今回は、男性に「この子いいな」と思わせる心理テクをご紹介します。

(1)3回目まで気を抜かない

『第一印象ってすごい大事だと思う!最初にないと思ったらない』(35歳/営業)

第一印象は、初めの印象だけでなく、その後の印象にまで影響を与えます
最初にいい印象を与えることができると、その印象が崩れることはなかなかありません。

そして、第一印象が決まるのは、出会ってから3回目までとなっています。
これを、スリーセット理論といいます。
3回目までにあなたの印象が定着するので、それまでは気を抜かないようにしましょう。

(2)好意を示す

『この子は自分のことが好きなのかなって思ったら、なぜか気になりだす(笑)』(24歳/IT)

好きな彼からも好かれたいと思うなら、あなたから好意を示しましょう。
人は、何かしてもらうと、何かしてあげたいと思うもの。
これを「返報性の法則」といいます。

この心理を利用し、あなたの好意を示しましょう。
大事なのは、彼が「この子は自分のことが好きなのかも」と思うこと。
言葉ではなく、態度で示すのがベストです。

(3)自分の評判をあげる

『自分の友達にも人気の子って、自分のものにしたくなる』(33歳/証券)

彼に自分に興味をもってもらいたいときは、「ウィンザー効果」を使いましょう。
これは、第三者から情報が伝わることで、信頼性などが高まるもの。
口コミなどが、その例ですね。

気になる彼と共通の友達がいるなら、「あの子はいい子だよ」と伝えてもらえるといいですよ
周りからの評判により、あなたの評価が伝わるのです。

(4)デートは楽しかった!で終わらせる

『喧嘩とかしても、最後が楽しかったらいいと思う』(27歳/コンサル)

彼とデートをすることになったら、最後は「楽しかった!」で終わらせましょう。
これは、「ピークエンドの法則」という恋愛テク。
いわゆる「終わり良ければ総て良し」というもので、最後の印象が相手に残ります。

また、ピーク=一番盛り上がった時、も大事になってきます。
あなたとのデートが楽しかったかどうかは、特に最後で判断されるもの。
なので、最後は「楽しかった」で終わらせて、彼にまた会いたいと思わせましょう。


いかがでしたか。
心理テクを利用すると、彼の心を射止めることができます。
難しいことをする必要はないので、ぜひ試してみてくださいね!

(恋愛jp編集部)