彼から、H中に言葉責めをされたことはありますか?
男性はちょっとSっ気を出して、H中に彼女をいじめたくなる時がくるもの。
その一環として言葉責めはもはや定番のものです。

では彼が興奮するような、言葉責めの答え方とはどんなものがあるのでしょうか?

(1)「もっとして」

『積極的にもっとっておねだりされると興奮する』(32歳/企画)

Hする中で彼から「どうしてほしいの?」なんてイジワルに聞かれることは多いもの。
そんな時は「もっとして……」と恥ずかしそうに答えましょう。

素直に「もっと」とおねだりされるのは、男性にとってたまらないもの。
もしくは逆に積極的に激しく「もっと」と伝えてみるのもあり。

彼から焦らされて我慢できない、という感じが伝わるので、彼はめちゃくちゃに興奮すること間違いなしです。

(2)「好きにして」

『好きにしてって……そんなの歯止めが利かなくなるよ』(34歳/営業)

「どうしてほしい?」と聞かれたら、「好きにして」と彼にすべてをゆだねるのもありですね。
彼に溺れて、逆らえなくなっている感じがとても可愛らしいもの。
支配欲たっぷりな彼のS心をもっとも刺激できちゃいます。

もしくは「めちゃくちゃにして」とか「壊して」と激しく求めるのもあり。
彼はその日離してくれないくらい興奮して激しいHをしてくれるかも?
言葉責め好きな女性は、その場の雰囲気にぜひノリノリになっちゃいましょう。

(3)「恥ずかしい」

『もっともっと恥ずかしがってほしい!』(29歳/SE)

言葉責めでよくあるパターンとして、彼の「実況中継」があります。
たとえば「こんなに濡れてるよ」とか「恥ずかしい恰好してるね」などなど。

そんなふうなセリフでイジワルされたら、泣きそうな顔をしながら「恥ずかしい」というととても可愛らしいもの。

男性はなぜ言葉責めをするのかといえば、女性の羞恥心を刺激したいからなんです。
だからこそ恥ずかしさで真っ赤になっている女性を見ると、男性はますます興奮してしまいます。

彼の「好きな子ほどいじめたい心理」をビンビンに刺激してあげましょう。

(4)「〇〇君のせい」

『俺のせいでそんなになっちゃったって……可愛い!もっといじめたくなる!』(33歳/コンサル)

上のように彼から実況中継をされた時は、もう一つオススメの返し方があります。
ちょっと怒ったような顔をしながら「〇〇君のせいで……」というのもありですね。
もしくは恥ずかしそうに「こんなことして……」なんていうのも可愛いもの。

言葉責めには少し照れくさそうに、だけどどこか楽しそうに反応するのがポイント。
彼女が可愛く反応できれば、その後のHはもっと盛り上がるはずですよ。


いかがでしたか?

言葉責めはHの中でも意外とたくさんあるシチュエーションの一つ。
たまには彼とそんなSっ気溢れるHを楽しむこともありますよね。
そんな時はぜひ恥ずかしそうに声を出しながら、彼を興奮させていきましょう!

(恋愛jp編集部)