女性は実際の挿入よりも前戯の方が気持ちいいと考える人が多いもの。
彼にもっと前戯をして欲しい……と思うこともありますよね。
一方で男性はつい興奮すると、前戯はそこそこに、すぐに挿れようとしてしまいます。

彼氏にもっと前戯してもらいたい!と思ったときはどうすればいいのでしょうか?

(1)いきなり彼を気持ちよくさせない

『気持ちいいところばかり触られるとすぐに挿れたくなってしまう……』(29歳/企画)

大事なのは、いきなり彼の性感帯を攻めて気持ちよくさせないようにすること。
男性はやはり性感帯を強く刺激されると、すぐに挿入したくなる気持ちになります。

前戯で気持ちよくなるとついノリノリになり、彼のペニスを触りたくもなりますよね。
でも彼が気持ちいいと感じるところを、触りすぎるのはNG。
一方では「早く挿れてほしい」と思っているように感じられてしまうかも?

最初のうちは脇や腰あたりなど、「ちょっと気持ちいい」と感じるくらいの場所に触れていくのが一番。
いきなり前戯から彼をヒートアップさせないように要注意です。

(2)もっと前戯で感じる

『前戯しててもあんまり反応がないとつまらない』(27歳/企画)

彼が前戯を早々にやめるのは、実は自分自身の感じ方に原因があるのかも?
彼は「あまり感じてくれないからつまらない」と正直思っている可能性があります。

もっと前戯で感じて、積極的に声を出してみるのもいいかもしれません。
前戯が盛り上がらないと、彼だって正直前戯より挿入の方がいいと思ってしまいますよね。

「ココ、触って」と自分から彼の手を誘導してみたりなど、前戯に対してもされるがままではなく積極的になりましょう!

(3)デリケートゾーンのケアをする

『ぶっちゃけて言うと臭いからあんまり舐めたくない……』(33歳/コンサル)

前戯の時間が短いのは、実はアソコの臭いや毛の量などに原因がある場合も。
男性からしてみれば、臭いのキツイ場所をクンニするのはかなり嫌なもの。
毛の処理が放置されているのも、萎えポイントの一つになります。

デリケートゾーンのケアはしっかりと忘れないようにしましょう。
毛の処理も行き届いていた方が、彼には喜ばれやすいです。

(4)普段から愛情表現を欠かさない

『大好きな彼女にはたっぷり前戯をしてあげたいと思いますね』(31歳/SE)

普段から愛情表現を欠かさないことも大事なこと。
前戯が短い、雑=彼女を喜ばせたいと思っていない証拠とも捉えることができます。

普段から愛情が不足していると、もっと喜ばせたいという気持ちは薄れやすくなりますよね。
愛情表現が不足しマンネリした関係になると、セックスも全体的に淡白なものになりがちです。


彼にもっと前戯をしてもらう方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
丁寧な前戯は愛情の証と言っても過言ではありません。
普段から彼に愛情を注ぐこと、そしてもっとセックス自体を楽しむことを心がけましょう!

(恋愛jp編集部)