Hも回数を重ねるとちょっとマンネリな雰囲気が漂うもの。
前戯も適当、後はいつも通り挿入して終わり……という淡白なHに悩んでませんか?
Hだって初心を忘れないことがいつだって大事なんです。

そこで今回は、初心に戻るときのときめきHについてご紹介します。

(1)前戯から丁寧にする

『時間をかけてフェラしてくれたりすると自分もいつもより丁寧な前戯をしますね』(25歳/飲食)

初心を忘れないためには、たまには丁寧にお互いの肌を感じ合うHをすることが大切。
二人とも心から繋がっているイメージを持ちながら、前戯から丁寧に行いましょう。
彼を大切に思う気持ちを忘れなければ、前戯でイきそうになるくらい気持ちよくなれるはず。

丁寧なHをするためには、実は雰囲気や流れ作りなども大切です。
たまには間接照明を灯してアロマを炊いたりなど、甘いムード作りをしてみましょう。
そんな雰囲気の中でHすることになれば、きっと丁寧でゆっくりと楽しめるHができるはず。

(2)下着を変えてみる

『セクシーな下着っていつ見ても興奮しますよね』(32歳/総務)

マンネリするのは、ちょっと刺激が足りないから……という原因がある場合もあります。
いつもと同じHでは、もう彼も少し飽きてきたのかも?
たまには下着を刺激的なものにして、彼を悩殺しちゃいましょう。

少しセクシーな下着をつければ、彼の興奮度は明らかに変わるもの。
「下着なんて今さら彼は見ない」と思う人もいるかもしれません。

ですが実際のところ男性は女性の下着をよく見ていますし、変化にも気づきます。
いつもと違ったセクシーな下着を着ていれば、彼も興奮することは間違いなしです。

(3)いつもとは違う場所でHする

『旅行中はほぼ毎日セックスします』(29歳/金融)

刺激を求めるなら、Hをする場所を変えてみるというのもありですね。
家でするばかりが恋人同士のHではありません。
たまには別の場所でHをすると、初心に戻れるくらいドキドキします。

例えば最近あまり行っていなかったラブホ
もしくはもっとロマンチックな気分になれる高級ホテルなど……。
ぜひ場所からマンネリ防止を対策してみましょう!

(4)自分から攻めてみる

『両手をバンザイさせられて色々なところを責められるって男でも気持ちいことを知りました(笑)』(28歳/営業)

自分から攻めてみるというのも脱マンネリのためのHとしてはおすすめです。
普段から騎乗位の姿勢になって彼を攻める……というのは結構少ないのでは?
なんだかんだ女性は、つい「マグロ」になってしまいがち

マグロ女子を相手にすることほど、男性にとってつまらないものはありません。
たまには自分から積極的になって、彼がビンビンになるくらい攻めまくっちゃいましょう。


いかがでしたか?
Hも何度もしているとなんだかんだマンネリしてつまらないものになりがちです。

マンネリしたHは最終的に別れの危機につながる場合も多いです。
ぜひ初心を大切にし、いつでも盛り上がれるHを心がけてみましょう♡

(恋愛jp編集部)