人は恋をするとついつい行き過ぎた行動をしてしまいがちなもの。

でもちょっと待って!
もしかしたらあなたの行動、逆効果かも。

今回は男に引かれる「好きLINE」を4つご紹介します。

(1)遠回しお誘いしてアピールLINE

『こっちから誘ってもらおうとしてるのが、見え見え』(26歳/広報)

「三連休はどこ行くの?」や「クリスマスはどうするの?私はまだ予定ないよ♪」というLINE。

最初は、「お、ちょっと脈があるのかな?」と彼も思うかもしれません。
しかし、これをずっと続けるとどうでしょうか。

男性は自分がハンティングする生き物。
このように何度も何度もおなかを上にしてごろ~んとやられているようでは狩り甲斐がありません

そして、このように回りくどい言い方は大嫌いなのが男性陣。
「行きたいなら誘えばいいのに」と思われて、徐々に引かれていってしまうでしょう。

もし彼と出かけたいのであれば、回りくどいことはせずに、勇気を出してストレートに言ってみましょう。

(2)時間にかまわず連絡をしてくるLINE

『自分の時間を大事にできない子とは付き合えないかな』(31歳/人事)

朝から晩まで妖怪のメリーさんのように付きまとってくるLINE……。
自分の時間を大切にして明日の精気を養う男性たちにとっては、これは体力と精神力をじわじわと削ってくるもの。

特に男性らしい男性は、自分の時間を必ず大切にするので、これを行うと彼はあなたをだんだとうっとうしい対象としてみてしまう可能性があります。
恋人になったばかりのラブラブの状態だったら男性もこうなる場合も多くありますが、彼から少しLINEが来なかったとしても、ゆっくり待ってみて。

あなたがあなたの時間を大切にすればするほど、彼はあなたをしっかりと見てくれますよ。

(3)女性ならではの内容がないLINE

『彼女でも既読スルーしちゃうかも(笑)』(28歳/会社員)

「今日はパスタを食べたんだ~」という、毎日のおひるごはんの報告。
大好きな彼に今日の私を知ってもらいたくて送るLINEですね。

しかし、実はこのLINE、男性にとって必要ないものかもしれません。
大半の人が「だから何?」で終わってしまいます。

「良かったね!」や「おいしそうだね」と最初のうちはあなたに向き合おうとしても、結局何が言いたかったの!?という小さなストレスになる可能性が。

男性は基本的に目的や結論を大切にします。
女性のように「どこのパスタ?私も行きたーい!」や「どんなパスタ?最近食べてないな~」というおしゃべりにはあまり発展しません。

基本的に自分に興味のないことは男性は反応しない傾向があるので、できるだけ彼の好きなものなどを見つけたら報告してあげるといいでしょう。

(4)今日の私を報告!ネガティブなLINE

『そんなことよりも、二人の会話がしたいな』(24歳/福祉)

毎日仕事から帰ってきたら、大好きな彼との癒しのLINEですね。
ここで気を付けたいのが、上司や同僚の悪口、もしくは、「私なんて……」というネガティブなメッセージ。

その日は特に最悪だった!!という日以外は、あまりネガティブなことは言わないように心がけましょう。

女性にとっては今日あったことを共有することは、恰好の愛情表現かつストレス発散になります。
しかし、男性は女性とは違います。

男性は語ることによってストレス発散はしません。
どちらかというと自分の世界の中に入り込んでストレスを発散します。
つまり、彼にとってあなたの行動は理解不能で、何となく居心地が悪い状況を作り出してしまうのです。

なので、辛いことがあったらさっぱりと「今日は大変だったから励ましてほしい!」と一言前置きをした上でお話ししてみて。
そうすれば、彼も「よし、はげますぞ!」という気持ちになって話を聞いてくれるでしょう。


いかがでしたか?
特に現代ではLINEという便利なものがある故、猪突猛進にアピールしがちです。

ですが、ちょっとだけこれを気を付けて彼とLINEをしてみてくださいね。
いい距離が保てて、もっとスムーズになるかもしれませんよ。

(恋愛jp編集部)