よくも悪くも初対面で相手の印象はほぼ決まってしまいます。
よっぽどのことがないかぎり、相手が決めたその第一印象から抜け出せません。

女性も男性の第一印象で、引いてしまう言動ってありますよね。
それと同じで、男性も女性の第一印象で引いてしまうことがあるんです。
今回は、男性が引く初対面でやってはいけないNGな言動をいくつかご紹介します。

(1)自分のことを名前で呼ぶ

『どこのアイドル?って思っちゃうよね』(24歳/イベンター)

一番男性が引いてしまうのは、自分のことを名前で呼ぶという行為です。
家族の前だと名前で呼んでいるかもしれませんが、絶対に初対面でいうのは避けましょう。

え?ぶりっこしてる」と思われるくらいならいいですが、「ガキっぽい」と思われしまうかも!

これは要注意です!!
こう思われてしまうと、恋愛対象から即座に外されてしまう可能性大です!!
今すぐ、名前で呼ぶのはやめましょう!!

(2)スマホを長時間使う

『スマホが彼氏かな?』(21歳/大学生)

どうしても至急で連絡を取らなけれいけない意外をのぞいて、初対面の人を会うときにスマホを触るのはやめましょう。
これは、男性女性関係なくマナーの問題です。

そんな気はなくても相手に「俺といてもつまらないかな?」「俺に興味がないのかな」と思われてしまいます。

不愉快な思いをさせてしまいます。
使わないのが一番ですがどうしても、スマホを使いたい場合は相手に一言断ってからにしましょう。

(3)年収や元カノのことなど聞いてくる

『初対面でずけずけ来る人は嫌い』(27歳/社長)

初対面の時は相手も探り探りの質問になってしまいます。

どんな質問をしたら失礼なのかのボーダーラインをお互い分かっていないからです。
そんな状況で、相手の年収元カノの話などかなりプライベートな話をずけずけ質問するのはやめましょう。

デリカシーのない女性だなと思われてしまいます。
自分がされて平気な質問でも、男性にしたら聞かれたくない話もあります。
プライベートな濃い内容はもっと親しくなってから少しずつするようにしましょう。

(4)他の客のことを見る

『俺に集中して?』(25歳/漁師)

お店に入って来るお客の顔をつい見てしまうことってありますよね。
でも、初対面の男性を会ってるときはやめましょう。

つい癖でやってしまっている場合でも、男性が話しているときに自分から目が離れて入ってきたお客を観察されていたのではいい気がしません。

さらに「集中力がない、気が散りやすい人」だなと思われてしまいます。
マナーとしても他の人のことをちらちら見るのは失礼なので、気を付けましょう。


今回は男性が引く初対面でやってはいけないNGな言動についてご紹介しました。
わかっていても癖で直らなったり、ついやってしまいそうなものもありますよね。
これを機会に自分の言動を客観的に見直して、第一印象で好印象になるようにしましょう。

(恋愛jp編集部)