「気になる男性がいるけど、どんなふうにアプローチしていいかわからない!」という悩みを持った女性はたくさんいらっしゃいます。

10代~20代前半であれば、ちょっとした触れ合いからでも恋に発展させることができますが、大人になるとその駆け引きも難しくなってきます。

だからこそ、その駆け引き自体を楽しんで恋愛したいですよね。
そんなときは、男性を魅了する「小悪魔的なボディタッチ」を味方につけるとうまくいくかも!
そこで今回は、「彼を悩殺する妖艶タッチ」についてご紹介していきたいと思います。

(1)彼の服の裾を引っ張る

『裾の所をつまんで喜んでるのってメロメロになる』(25歳/商社)

「妖艶タッチ=セクシーなボディタッチ」というイメージがありますが、普段からあまり男性に対してボディタッチをしない方にとっては、少々ハードルが高いですよね。
そこでまずは、控えめだけど男性がキュンとしてしまうようなボディタッチをご紹介します。

ひとつめは、彼の服の裾をちょこっとつまんで引っ張るような動作です。
仕草だけでも可愛いのですが、これにあなたの意思表示を混ぜることができるとさらにGOOD。
デート先で嬉しいときは、服の裾を引っ張りながら彼の方を向き、ニコッとした笑顔を見せましょう。

また、別れ際で寂しいときは、彼を引き留めるように服の裾を引っ張り、残念そうな表情を見せられると、男性側もそのしおらしさにキュンとしてしまうはずですよ!

(2)彼の脇腹あたりをツンツンする

『隣に座っておしゃべりしてたら脇腹あたりを突いてくるから調子に乗ってやり返しちゃった(笑)』(27歳/インテリア)

男心をくすぐりつつ、あなたのちょっとお茶目な部分を出したいなら、彼の体をいたずら感覚でツンツンしてみるのがオススメ。
お色気感は薄れますが、その分ふざけてじゃれ合っているような雰囲気になるため、お互い気まずさを感じることもなく仲を深めることができますよ。

意外とこういったじゃれ合いの中のボディタッチは、やっている最中ではなく、ちょっと時間がたってから思い出した方がキュンときます。
あなたからだけでなく、彼からもお返しとして体をツンツンし合ったなら、思い返した際のドキドキも倍増することでしょう!

(3)隣同士になったら体をくっつける

『体の密着具合って関係を表してて恋人の距離だと幸せだよね』(31歳/総務)

もう少しセクシーな、文字通り「妖艶タッチ」に挑戦したい方は、男性の二の腕を触ってみると良いでしょう。
男性は体の中でも、特に二の腕を触られることが好きなんです。
日常生活の中でなら、彼の二の腕に手を置いてみたり、笑った拍子にポンポンと叩いてみてもいいでしょう。

おすすめなのが、飲み会などで隣同士になった際に、あなたと彼の二の腕同士をくっつけるようにして、体を近づけてみることです。
男性側としては、触れ合った二の腕の柔らかさや温かさに、思わずドキドキしてしまうはず。
必然的に彼との距離が縮まるので、ふたりの世界で盛り上がれる可能性もあるかも?!

(4)テーブルの下でタッチ

『何気ない顔して足では絡んでますって堪らないでしょう!』(33歳/歯科医)

最後は上級者向けのテクニックをご紹介していきます。
と言ってもやり方は簡単で、テーブルに彼と対面で座れた際に、テーブルの下で足を絡ませるという方法です。
これがとってもドキドキするんです!

テーブルの下という、一見しただけではわからないような場所でお互いの体が触れ合うので、これには思わず彼も悩殺されてしまいます。
ただし、初対面の男性やあまり仲良くない男性にいきなりやってしまうと、「ちょっと下品な女性」だと思われてしまうかもしれないので、そこは要注意です!


この記事では、気になる彼を悩殺する「妖艶ボディタッチ」についてご紹介してきました。
ぜんぶで4つの方法を取り上げましたが、比較的簡単にできるものばかりだったかと思います。
今回ご紹介した方法を参考に、彼をあなたのトリコにしちゃいましょう!

(恋愛jp編集部)