きちんとお付き合いしているつもりでも、「もしかしたら遊ばれてるかも……」と不安に思うことありますよね。
言葉で確認できたらそれが一番良いですが、なかなか聞けないもの。

不安に思う時は、コミュニケーションのツールとして使うLINEで確認してみましょう。
そこで今回は、男が「本当に愛してる女性」に送るLINEを、紹介していきます。

(1)気遣いの言葉

『遊び相手に気遣いはいらないよね』(29歳/不動産)

「大丈夫?」という言葉がLINEをしていて多いなら、愛されている証拠。
体調や仕事のことなど、気に掛けて気遣いの言葉を掛けてきます。
これは、あなたを守りたいという心が発動しているから。

男性は、愛している女性を守りたいという気持ちが高まります。
彼女が困っているなら助けになりたいと思うもの。

逆に遊び相手を守りたいという気持ちにはならないので、気遣いの言葉は一切ありません。
彼がいつも心配してくれ、気遣ってくれるLINEを送ってくるならば、愛されていますよ。

(2)好きや褒め言葉

『会っている時は恥ずかしく言えないけど、LINEならスタンプとかで伝えられる』(30歳/企画)

面と向かって「好き」と伝えるのは恥ずかしいもの。
また、褒めることも照れくさいと思う男性は多いです。
しかし、LINEならば直接伝えるよりは、送りやすいという特徴があります。

「好き」や「愛している」など直接的な愛情表現ではなくても、「そういうところ好きだよ」や「優しいところがイイと思う」などでも同じ。
照れ屋な彼がLINEでは褒め言葉を使ってくることは、頑張って伝えたいと思っているから。

遊び相手には面倒になるので、愛情表現はしないもの。
ただし、まだ関係がないのなら、そのために「好き」を多用する悪い男もいるので用心して下さいね。

(3)デートの誘い

『LINEしてると、無性に会いたくなる時があるんだよね』(27歳/人事)

好きな相手には積極的にデートに誘う男性は多いもの。
LINEでデートに誘われるならば、愛されている証拠。
それは、好きならば会いたい気持ちが大きくなるから。

これは男女ともに同じ気持ちですよね。
好きな人とLINEをしていると、LINEじゃなく会って話したい、顔が見たいと思うもの。

遊び相手にもデートの誘いはしますが、一方的な誘い方になります。
日時は彼が決めて意見を聞いてくれない、突然の誘いが多い場合は、遊び相手の可能性が……。

(4)弱音を吐く

『好きな人には自分を知って欲しいし、心配して欲しい』(26歳/商社)

「仕事が大変」や「体調が悪い」など、愚痴や弱音を吐くのは、それだけ信頼しているから。
男性は、常に強くカッコ良くありたいと思っています。
しかし、本気で愛している相手には、自分の弱いところも見て欲しい気持ちが出るもの。

全てを受け入れて欲しいという気持ちから、弱音を吐くようになります。
また、心配して欲しいという思いもあるもの。

遊び相手には、自分の弱みは見せたくないので、弱音を吐くようなことはありません。
むしろプライベートな話は一切しないことが多いです。


相手の顔が見えないLINEは、時に不安に感じることがありますよね。
しかし、顔が見えないからこそホンネの部分が出ることもあります。
会っている時の彼と、LINEでトークしている時の彼、両方合わせて「愛している」サインを確認してみると良いかもしれませんね。

(恋愛jp編集部)