気になる彼には自分のことを好きになってほしいですよね。
「やっぱり彼女のこと好きだなぁ」と思わずにはいられないLINEを彼に送ってみませんか?
男性に「好きだ」と思わせるLINE4選をご紹介します。

(1)好意を匂わせる

『俺とLINEするのが楽しいって言われたら急に意識しちゃった』(33歳/広告)

「好き」と言わなくてもさりげなく好意を伝えることはできます。
たとえば「〇〇君とLINEすると楽しい」「今日は〇〇君といっぱい話せて楽しかった」など、相手の名前を入れることで、特別と思っていることを伝えましょう。

好意を持たれると、相手のことが気になるようになります。
彼女のことが気になって一日に何度も思い浮かべるようになると、「あれ?俺って〇〇ちゃんのこと好きなんだ」と思うようになってしまうでしょう。

(2)少し心配させる

『気がついたら一日中彼女の心配してた』(26歳/インテリア)

彼が心配してしまうようなLINEを送ってみましょう。
ただし、深刻な悩みなど重たすぎるものはNGです。

「風邪引いて寝込んでる」「食欲がない」など、ちょっと体調が悪いようなLINEを送ると、彼はきっと心配してくれるでしょう。
「少しはよくなったかな?」「大丈夫かな?」と気になってしまうので、「こんなに心配になるってことは彼女のことが好きなのかな?」と思うようになるかもしれませんよ。

(3)頻度は彼に合わせる

『LINEの波長も合うみたいだし告っちゃおうかな』(29歳/営業)

彼がちょっとしたことでも頻繁にLINEするのが好きなタイプか、それとも用件だけ伝えたいと思っているタイプなのか見極めましょう。
最初にチェックしておかないと、「めんどくさい」または「そっけない」と思われてしまうかもしれません。
頻繁にLINEするのが好きな彼なら、彼に合わせて自分からも頻繁に送ってみましょう。

一方、用件だけにしたい彼なら、日記のようなLINEは避けておいた方が無難です。
彼に合わせることで、「彼女とのLINEは快適だ」と思ってくれるようになります。
そうすれば「彼女とは気が合うし、好きだなぁ」と思うようになっていくでしょう。

(4)彼の興味があることを話題に

『音楽フェスの話がきっかけで好きになった』(26歳/証券会社)

自分の興味ある事ばかりを一方的に話すと、彼は楽しくないかもしれません。
そこで彼の興味があることや好きなことを話題にしましょう。
一番いいのは共通の趣味です。

趣味でなくても好きな漫画や食べ物、アーティストなど、共通点を見つけておくと親近感が一気に増します
盛り上がる話題でLINEのやりとりを楽しめば、「彼女とLINEするのは楽しい」となり、やがて「彼女のこと好きだなぁ」と思うようになるでしょう。


いかがでしたか?
LINEを上手に使って彼の気持ちを自分に向けたいですね。
LINEの使い方も彼に合わせることで、彼との距離をもっと縮めることができるでしょう。

(恋愛jp編集部)