好きな人に電話したいとき、緊張してなかなかできないことってありますよね。
特に用事がない場合には、電話することをためらってしまうことも。
では、そんなとき自然に電話をして、彼に喜ばれるにはいったいどんな方法があるのでしょうか。

そこで、意中の彼と自然に電話する方法についてまとめてみました。

(1)電話に出られるタイミングを把握

『女の子と電話するのって、大体寝る前』(29歳/代理店)

いくら電話したいと思っても、彼が電話に出れなければ意味がありません。
電話に出れたとしても、時には相手にとって迷惑なタイミングもあるかも……。
それを避けるためにも、電話に出られるタイミングを把握して電話をすることをオススメします。

相手の生活をある程度把握し、いいタイミングを狙って電話をかけましょう。
電話をする前にLINEで都合を確認すると、確実なタイミングで電話をすることができます。

(2)LINEの会話を利用する

『長文送られるよりも、電話したほうが早いよね』(30歳/マーケティング)

彼とLINEをしているとき、質問に対する返答が長くなってしまうことってありますよね。
それを利用して電話をするという方法があります。
長文になりそうだから電話していい?などと前置きすると、相手がすんなりOKしてくれることも。

その場合には彼もLINEが面倒になっていることが考えられるので、長文を送る前に電話をしたほうが相手のためにもなります
そのため、LINEをしているときはそうしたチャンスを上手く利用しましょう。

(3)酔った勢い

『泥酔した状態だったら、逆に迷惑だけどね……』(27歳/サービス)

普段彼に電話をする勇気がないという方は、酔った勢いで積極的になれる場合もあります。
男性も実は電話を待っていることもあるので、勢いがあるときに電話をしてみましょう。
酔っているときは、普段とは違う一面を見せることに繋がります。

勢いに任せて普段は言えないような本音を言うと、彼はドキドキするでしょう。
「声が聞きたかった」などとかわいく言ってみて。

(4)彼が落ち込んでいるとき

『そういうときに話をきいてくれる子は好きになっちゃう!』(24歳/通信)

彼が落ち込んでいるときは、自然に電話をするチャンス
そうしたときに電話をすると、話を聞いてあげたいという思いやりをアピールすることができます。
そして電話の最中にはただ相手の話を聞いてあげましょう。

そうすることで、彼にとって困ったときに声が聞きたくなるような、安心する存在になることができます。


意中の彼と自然に電話をする方法は、上手く利用すると両想いになるチャンスにも繋がります。
そんな方法を参考に、彼との距離を縮めてみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)