冬は、つい色気よりも寒さ対策を重視してしまいがち……。
寒いと着こんでしまって色気が出にくいと思いがちですが、実は冬にしかできない「程よい色気コーデ」があります。
今回は、男がドキドキする「程よい色気コーデ」4選をご紹介していきます。

(1)隙ありニット

『くびれのラインがわかるニット姿、大好き』(32歳/代理店)

ゆるっとしたニットも可愛いですが、体のラインが分かるニットはさりげなく色気を出せるのでオススメ。
カジュアルでシンプルなコーデに、程よい色気が出るのでよく合います。

また、ワンショルダーやオフショルダーなどのニットも肌が見えるので色気コーデにぴったり。
オフショルダーはやりすぎてしまうと、ただのお色気コーデになってしまうので、「程よい色気」を意識してみてください。

(2)ひざ丈タイト

『ひざ丈が逆にそそる』(29歳/飲食)

ひざ丈のタイトスカートは、程よい色気コーデにぴったりのアイテム。
色気といっても、スカート丈が短ければ良いというわけではありません。
ひざ丈タイトなら、ウエストやヒップのラインを見せて色気を出しつつ、上品さもプラスされるのでオススメですよ。

冬にぴったりのツイードや、深みのあるカラーのひざ丈タイトを使って、程よい色気で男性を釘付けにしましょう。

(3)コートの下に肌見せ服

『コートの下が意外と薄着っていうのも、色気があっていいな』(26歳/企画)

室内に入ってコートを脱いだら肌が見える服装だった、という状況に男性はドキッとするようです。
冬は外でアウターを着ていたときの姿と、アウターを脱いだときのギャップを意識してみて。
寒さに気をつけつつ、ちょっと肌見せ服を選んで彼をドキドキさせましょう。

(4)背中見せニット

『うなじが大きく出てるとドキドキしちゃうよね』(22歳/サービス)

前からみると普通の暖かそうなニットなのに、後ろはラウンド形にあいているなど、背中が見えるニットは、その大胆さにドキドキしてしまう男性が続出。
こちらは前と後ろのギャップで、男性は釘付けになってしまうようですね。

「背中見せはやったことないし、ちょっと恥ずかしいかも……」
そんな人も多いかもしれませんが、冬は外に出るときはアウターを着ているので、意外とチャレンジしやすいかもしれません。
おうちデートなど、着やすいシチュエーションを選んでチャレンジしてみてください。


男性がドキドキする「程よい色気コーデ」4選は、いかがでしたか?
ポイントはアウターを脱いだときの、肌見せや体のライン見せのようですね。
冬デートでは、アウターでしっかり寒さ対策をしつつ、中は程よい色気コーデで、男性をドキドキさせましょう。

(恋愛jp編集部)