冬は身につけるアイテムも多く、オシャレが楽しい季節ですね。
男性は女子の冬服の、どのようなところ可愛いと感じているのでしょうか。
今回は、男が選ぶ、冬しかできない「萌え服」についてご紹介していきます。

(1)萌え袖

『熱いコーヒーを持つときとかの萌え袖もいい♡』(33歳/金融)

冬の萌え服の鉄板といえば、やっぱり萌え袖ですよね。
長めの袖に少し手が隠れて、か弱い女の子らしい印象を与えてくれます。
指先だけが見えることで、全体的に小柄に見えているようです。

昔の流行りという感じもしますが、「やっぱり萌え袖は可愛い!」と思っている男性も多数。
でも長すぎるとだらしがない印象を与えてしまうので、程よい萌え袖にトライしてみてください。

(2)萌えマフラー

『顔が小さく見えてカワイイ』(23歳/IT)

マフラーのモコモコ感ふわふわ感は、可愛い印象を与えることができるので、冬にオススメ。
マフラーを巻いたときに後ろ髪がクシュっとなっている女子が好き、という意見もあったり、マフラー女子は人気が高いようです。
マフラーは顔の周りにボリュームがあるので小顔効果も期待できて、一石二鳥ですね。

(3)萌えタイツ

『少し薄いタイツがセクシーで好きだな』(28歳/証券)

「普段ミニスカートをはかない子が、タイツの時期だけミニはくの良いよね……」
「生足も好きだけど、タイツの奥ゆかしい秘められた感じが良い!」
意外とタイツ萌えの男性もいるようです。

普段はミニスカートに抵抗がある人も、タイツがあれば少し短めのスカートにも挑戦できるなど、男性受けも良くコーデにも幅ができるのでオススメ。
男性受けを考えるなら、80デニールなどあまり厚めのタイツよりも、少し透け感のあるタイツを選ぶと良いでしょう。
寒さと相談しつつ、チャレンジしてみましょう。

(4)萌え素材

『モコモコフワフワは、女の子を2倍増しで可愛くしちゃうから、だまされそう(笑)』(25歳/アパレル)

冬はつい触りたくなってしまうような、柔らかい素材の服が多いですよね。
ふわふわ、もこもこの萌え素材を着ている女子は、小動物的な可愛さもあり、愛らしく、つい触りたくなってしまう男性が多いようです。

ふわふわの白いニットや暖かそうなモコモコなコート、カシミアなどの良い肌触りの服も、つい触りたくなる萌え素材。
萌え素材の服をたくさん着こなして、彼との距離をどんどん縮めていきましょう。


男が選ぶ、冬しかできない「萌え服」は、いかがでしたか?
普段何気なく着ている冬の服に、実はキュンとしている男性も多いようです。
冬服を楽しみつつ、うまく男性受けの良い萌え服を使いこなして、ますます愛される女性になりましょう。

(恋愛jp編集部)