顔やスタイルも悪くないし、性格だって良いのになぜか彼女に選ばれない女性っていますよね。
気さくに話せて二人で遊びに行く仲なのに、なぜか意中の男性が別の女性を選んでしまうのは理由があります。

このページでは、男から彼女に選ばれない女性のパターン4つを紹介します。

(1)いい人で終わってしまう女性

『良い人なんだけどね……女としてみられるかってゆうと難しい』(27歳/歯科医)

性格も良いし、一緒にいて楽しいけれど恋愛対象にならない。
そんな経験はありませんでしょうか?

気軽に付き合えるけれど、異性といる時に感じるドキドキ感がない場合は恋愛対象として見られません。

恋をすると、胸が苦しくなったり、相手のことを考えて不安になったりする時があります。
「いい人」にはそのような感情は持ちませんよね。

言ってしまえば人としての魅力はあるけれど、異性としての魅力が感じられないため、彼女に選ばれない場合があります。

(2)ガードが緩く、誰とでも付き合いそうな女性

『誰とでもすぐにデートしてるって聞いてから本命としては見られなくなったな』(30歳/飲食)

男性は本命と遊びの区別をしっかりと使い分けています。
女性としてはショックですが、デートにおいても、本命と遊びでは対応が全く違います。
本命の場合は家デートをしたり、友達にあなたを紹介しますが、遊びの場合はそのような事をしません。
デートもカラオケなど、密室で人目を避けるような場所を選びます。

本命彼女に選ばれない理由として、ガードが緩く、誰とでも付き合いそうな女性だと思われている可能性があります。
いわゆる「軽い女」は男性は本命には選びたがりません。

(3)尽くしすぎる女性

『やりすぎると重苦しくなるんだけど分かってないのかな?』(33歳/公務員)

男性のためにお世話をすることが好きな女性っていますよね。
男性は家庭的な女性が好きですが、あまりにもやりすぎると「重い女」だと思われかねません。

付き合ったわけでもないのに、家に押しかけて嫁気分でいろいろお世話をされると、男性は無言のプレッシャーを感じてしまいます。
追われると逃げたくなるのが男性心理なので、やりすぎは禁物ですね。

最近は男性が草食化していると言われますが、ガツガツした肉食系女子は鬼気迫り怖いものがあります。

(4)「なんでもいい」が口癖の女性

『何でも良いって考えるの面倒って事だよね』(25歳/インテリア)

気づけば「なんでもいい」が口癖になっていませんでしょうか?
女性としては「あなたに合わせます」という意味だとしても、男性からは自分の意思がない人だと思われてしまいます。

デートのコースからメニューまですべてまかせっきりにすると、男性としては重荷に感じてしまいます。
「このようなお店が良い」などデートプランも一緒に決めてくれる女性の方が、男性からの好感度は高いです。


男から彼女に選ばれない女性4つについて紹介をしましたが、いかがでしたか?
「良い人で終わる女」「軽い女」「尽くす女」「なんでもいい女」と4パターン紹介しましたが、少しでも当てはまる人は要注意です。

ダメなパターンを参考にして、本命に選ばれる愛され女子を目指しましょう♪

(恋愛jp編集部)