話をしていて彼氏が急に黙りこくったり、無愛想になったことはありませんでしょうか?
そんな時内心ではあなたのことを「うざい」と感じている可能性があります。

男性は自分の世界を大事にしているところがあるため、いくら大切な彼女でも踏み込んでほしくない領域があるのです。
このページでは「彼女にうざいと感じる瞬間」4つについて紹介します。

(1)彼氏の趣味に口を出す

『俺の趣味に口を出すんじゃねぇ……』(30歳/動画制作)

大好きな彼氏でも「あの趣味はちょっと」と思うことはありませんでしょうか。
課金ゲームやバイクや車など、男性の趣味は色々ですが、のめりこみ過ぎるのは困りものです。

たとえそう思ったとしてもあまり彼氏の趣味に関して口を挟むことはやめましょう。
「結婚しているわけでもないのになんでそんなことを言われるの?」と内心思われています。

趣味について干渉しすぎは逆効果なため、寛容な姿勢で見守ることも大切です。

(2)電話を切った後今の人誰?と聞かれる

『別に仕事相手だよ(笑)いちいちめんどくせぇな(笑)』(28歳/銀行)

女性は女の影に鋭いです。仕事関係の人から電話がかかってきただけでも、相手が女性であることを鋭く察知します。

女性的にはたとえ仕事の電話でも、プライベートな時間に女性から電話がかかってきたら気になりますね。
「今の人誰?」と聞きたくなるのはわかりますが、彼氏からすると「うざい」と思われてしまいます。

「お仕事の電話?大変だね」などとねぎらいの言葉をかけると、彼氏的には好感度大です。
そんなあなたが可愛く思えるでしょう。

(3)「ねえ、聞いているの?」と聞かれる

『ちょっと考え事しているときは、話しかけてもらわないように声をかけてます』(26歳/Webデザイナー)

彼氏が無愛想だったり、話をしてもうわの空の場合、何かきがかりなことがあって頭が一杯の可能性があります。

そんな時に「ねえ、聞いているの?」と彼女から聞かれると、考え事をしているのに邪魔をされた気分になって「うざい」と思われることがあります。

彼氏が黙りこくったり、大人しい場合はあまり話しかけずに相手の様子を見守りましょう。
彼氏の方からあなたに悪いと感じて、話しかけてくるでしょう。

(4)「あなたは○○だから」と決め付ける

『彼女でも自分のことは僕がよく分かっている』(25歳/広告)

彼氏の部屋に遊びに行くだびに掃除や洗濯のお世話をしたりして、「あなたは私がいないと駄目だから」などと決め付けたセリフを言っていませんでしょうか?

自分的には尽くす女のつもりでも、結婚を迫られているようで彼氏からするといささか重い女に感じられる場合があります。

そんな時にこんなセリフを吐かれると、男性としては逃げたくなります。
家事や洗濯など、今ドキ男子は器用にこなす人が多いので、「お世話女子」に内心は引いている可能性があります。尽くしすぎにならないように、距離を置くことも大切ですね。


「彼女にうざいと感じる瞬間」について紹介しましたがいかがでしたか?
つい何気なく口にする言葉や言動が、彼氏の気持ちを冷めさせていることがあります。
干渉しすぎずに大人の距離感を大切にしましょう。

(恋愛jp編集部)