大好きな彼女とのスキンシップでも、行動次第で男性を幻滅させてしまう場合があります。
いったいどんな瞬間が男性を幻滅させるのか、まとめてみました。
当てはまっている事がないか、チェックしてみましょう。

(1)恥ずかしがりすぎる

『ちょっと過剰過ぎない……?なんかダメなことしてるみたいで申し訳なくなる』(30歳/都市開発)

謙虚な女性が「恥じらう姿」を可愛らしいという男性は多くいます。
しかし、恥じらいが行き過ぎると中々スキンシップが発展しません。
じれったく感じた男性は「面倒くさいやりとりだ」と思ってしまうかも。

恥ずかしがりながらも、その場の流れを遮ることがないようにしましょう。
ムードが壊れてしまってはせっかくのスキンシップも台無しです。
恥ずかしそうな表情だけでも十分魅力的ですし、謙虚さは伝わります。

(2)ケアを怠っている

『ガサガサじゃねぇか……なんかちょっと萎える』(27歳/メディア)

男性とのスキンシップの際、様々なボディケアの問題が付きまといますね。
ムダ毛を意識する女性は多いのですが、それ以外の部分は案外手を抜いてしまうことも。

男性は触れたときの肌の質感を重視します。
除毛した後がチクチクしていると、一気に幻滅してしまうかもしれません。
自分の毛質に合わせて、クリームでの除毛やレーザー脱毛など選択しましょう。

また、肌の乾燥も大敵。
保湿できる入浴剤を使ったり、ボディクリームを塗ったり。
男性が触れたときに「心地よい」と感じる肌を目指しましょう。

(3)タイミングを考えない

『ムードもひったくれもねぇな』(25歳/教員)

せっかくのムードを壊してしまうと、幻滅につながってしまいます。
例えばいい雰囲気なのに喋り始める。
「たわいもない話をしながらスキンシップ」という価値観を持たない場合もあります。

あとは男性が疲れている時にスキンシップを取ろうとする場合。
自分本位に求めている印象を与えてしまうでしょう。
男性が今どんな状態なのか見極めてから行動に移すべきといえます。

(4)比較する

『今の僕だけを見てほしいなぁ』(27歳/開発)

「元カレと比べられた」とか「友達の彼氏と比べられた」という状況。
幻滅してしまう男性は多いでしょう。
この「比較する」という行為は、男性のプライドをズタズタにへし折ります。

男性になにか要望を伝える場合、第三者を話題にするのは絶対にNG。
女性からしても「元カノ」と比べられるとショックを受けますね。
「自分だけを見て評価してほしい」と誰しも思うものです。


今回ご紹介した、男性が幻滅するスキンシップの瞬間はいかがでしたか?
いずれも「相手の気持ちに立って考える」という考えが根本にありますね。
やはり、恋愛を上手く進めるためには「思いやり」が肝心になってくるのでしょう。

(恋愛jp編集部)