男性が好きな女性に無意識で見せるサインがあるのをご存知ですか?
意中の相手の気持ちが知りたいという方にとって、そのサインを知ると自信に繋がります。
では、男性はいったい好きな女性にはどのようなサインを見せるのでしょうか。

そこで、男性が見せる「大好きサイン」について調べてみました。

(1)声のトーンや話すテンポ

『意識してないけど好きな人の前ではいつもより声が張ってる気がする』(26歳/エンジニア)

男性は好きな女性の前では声のトーンや話すテンポが無意識で変化するようです。
普段声が低く、ゆっくりなテンポで話す男性は多くみられます。
しかし、そんな男性も好きな人を前にすると声のトーンが高く、早いテンポで話すという特徴があります。

男性の好意を確かめるには、声のトーンや話すテンポを意識してみることをおすすめします。
明らかにトーンが高くなる場合には、大好きサインの可能性が高いと言えます。

(2)よく目が合う

『どうしても目で追ってるからよく目があう様になった(笑)』(26歳/飲食)

男性は好きな女性の行動を無意識で追う傾向にあります。
男性のみならず、興味のあるものに目が行くのは人間の本能と言えます。
なんだかよく目が合うな、と思ったら、その男性の大好きサインかもしれません。

そのため、好きな人の視線には充分意識してみることをおすすめします。
ふとしたときによく目が合う男性は、好意がある可能性が高いと言えます。

(3)仕草や話し方が伝染する

『口癖とかが移るのは好きだからかな』(33歳/総務)

両思いの男性と女性は、仕草や話し方が似通っていく傾向にあります。
相手を好きな気持ちや、憧れの気持ちが強いと、無意識でお互いの行動に共通点を作ります
一緒にいるとき、よく同じ発言をする場合には、両思いの可能性が高いと言えます。

そのため、相手の話し方や仕草が自分に似ているな、と感じたら、大好きサインであると思っていいでしょう。

(4)アイコンタクト

『目を見て話す以外にも好意が伝わるのが目線だと思う』(28歳/営業)

好きな人の目を見るのが恥ずかしいという女性が多いようですが、アイコンタクトには大好きサインが隠れています。
男性が5秒以上見つめ、逸らす、という行為を繰り返すことは、好意の表れと言えます。
そうした長いアイコンタクトは、相手に興味があるという気持ちがある証拠

男性が長いアイコンタクトをとる場合には、大好きサインである可能性が高いと言えます。


男性の「大好きサイン」は、様々な心理が関係し、無意識で出していることが多いようです。
そんな無意識のサインを知ることで、男性の意中の男性の本心を探ってみましょう。

(恋愛jp編集部)