モテる彼氏を持つと、自分は本命なのか心配になってしまいませんか?
そんなときは、LINEの内容をチェックしてみましょう。
男性が本命に送らないLINEの特徴4選をご紹介します。

(1)今日仕事終わったら会おう

『本命彼女とはちゃんと約束して予定を立ててデートするけど、セカンドは暇なときにパッと会えて楽』(30歳/企画)

いきなり会おうと連絡が来て、喜んだりしていませんか?
本命とは前もってデートの約束をしますので、いきなり会いたがるのはセカンド扱いされているのかもしれません。

彼女からドタキャンされたとか、飲み会が中止になったなど、急に時間が空いた時に思い浮かぶのがセカンドの顔。
なかなか会う約束をしれくれず、いつも会う時は突然という彼なら、本命扱いされていないと疑ってみた方がよさそうです。

(2)仕事の愚痴

『本命の子には自分のカッコ悪い部分は見せたくない!』(31歳/営業)

彼が仕事の愚痴を話すのは、私のことを信頼しているから……なんて思っていませんか?
彼が何でも話してくれるから嬉しいと勘違いしてしまいそうですが、本命の女性には愚痴を送らないようにしている男性が多いそうです。

本命には「弱いところを見せたくない」「嫌な気分にさせたくない」という気持ちが働くのかもしれませんね。
彼がネガティブな話題を話すのは、嫌な気分にさせないようにと気遣いする必要がないセカンドだからかもしれません。

(3)とくに意味のない内容

『適当な内容でもいいからたまには連絡しとかないと、切られちゃうと困るし(笑)』(28歳/美容師)

本命の彼女なら話すこともいろいろあるでしょうが、セカンドの彼女にはとくに話すことがないかもしれません。
しかし時には連絡しておかないと、関係が途絶えてしまう可能性もあるでしょう。
そうなるのも困るので、意味のない内容のLINEをムリに送ることがあります。

意味のないLINEでも相手をしてくれるなら、まだ彼女は自分に気があると判断できます。
そうやって時々どうでもいい内容のLINEを送って、関係をつなぎとめておこうとしているのです。

(4)他の女性の話題

『本命彼女に女の話なんて絶対しないよ!嫌な思いさせたくないし』(32歳/コンサル)

男性は、本命の女性には他の女性の話をしません
もちろん元カノの話などもしないでしょう。

他の女性の話をして彼女を嫌な気分にしたり、不安にさせたりはしたくないからです。
もし彼がLINEで気軽に他の女性のことを話題にするようなら、本命とは思われていない可能性があるでしょう。


男性は、本命の彼女には嫌な思いをさせたくないという気遣いがありますが、本命ではない彼女には気を遣いません。
大事にされていないような気がしたら、本命ではないという可能性もあるでしょう。
LINEの文面から読み取って、セカンド扱いされているようなら彼との付き合いを考え直してみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)