彼とのセックスでは、ベッド中の雰囲気を大切にしたいですよね。
しかし、それらをぶち壊してしまう原因のひとつに「臭い」があります。
ベッドの中やセックスの最中、彼に嫌な顔をされるのは避けたいですよね。

そこで今回は、ベッドの中で男性が萎えてしまう「女性の臭い」について、いくつかにまとめて解説していきたいと思います。

(1)頭皮や首元の臭い

『何日も洗ってないような匂いだともうアウトだね』(24歳/広告)

頭皮や首元の臭いって、男性にとっては結構気になる部分。
男性のほうが身長が高い、もしくは同じくらいの身長の場合、お互いを抱きしめたときに男性の鼻が一番近づく場所は、頭や耳・首元ですよね。
だからこそ、その周辺の臭いには敏感になりやすいんです。

頭皮は汗や皮脂で臭いの付きやすい部分ですし、首や耳の裏などは洗い残しが多い部分でもあります。
毎日清潔に保っていれば問題はありませんが、夏などは洗ってもなかなか臭いが落ちない場合があるので、注意が必要かも。

(2)口臭

『虫歯みたいな匂いは最悪!』(30歳/飲食)

ベッドの中でのキスや、お互いの愛を囁く行為で気になるのが「口臭」。
相手の口臭が気になってしまうと、「他の部分も臭いのかも……」と不安になってしまいます。

ホテルなどに宿泊する際は、歯を磨くなどして対応すれば大丈夫でしょう。
しかし、出先でキスをするムードになった際は焦ってしまわないように、バッグの中に常に口臭アイテムを忍ばせておきたいですね。

(3)脇の下

『ワキガだけは勘弁して……』(26歳/広報)

汗をかきやすく蒸れやすい脇の下は、臭いの気になるパーツの上位に食い込むかと思います。
中でも夏場などは、気温も暑く湿度も高いので、臭いがキツくなりがち。

汗をかいたらすぐに拭き取る、制汗剤などの体臭グッズで対応するといったケアがすぐにできると、臭いも僅かですみますね。
また、服を着ている状態であれば、服への汗染みに気を配るのも忘れずに!

(4)デリケートゾーンの臭い

『あそこが臭いと、エッチしたい気持ちがなくなる』(33歳/商品開発)

デリケートゾーンの臭いって、自分では気付きにくいんですよね。
他人に相談することもあまりないですし、自分でチェックするのも難しいため、対策が取りづらい部分であると言えるでしょう。

どう対策していいかわからない方は、下着は毎日取り換える、入浴の際にお湯でよく洗うといった基本的なケアから取り組んでみて。
逆に石けんでゴシゴシ洗ったり、タオルで水分を拭き取りすぎてしまうと、逆に臭いがキツくなる場合があるため、注意が必要。


ベッドの中での臭いというのは、なかなか自分では気付きにくいもの。
大好きな彼に嫌な思いをさせる前に、臭い対策をしたいですよね。
あなたもこの記事を参考にして、良い香りの女性を目指しましょう!

(恋愛jp編集部)