誰だって長続きする仲良しカップルには憧れますよね。
長続きカップルになるためには、同じように長続きしているカップルの行動を学ぶことが大切です。

そして長続きするカップルは、毎日のLINEからもうラブラブなもの。
そこで今回は、長続きするカップルのイチャイチャLINEについてご紹介します。

(1)こまめな挨拶を欠かさない

『付き合いが長いと習慣になるんだよね』(32歳/公務員)

長続きするカップルのLINEとして重要なのは、毎日の挨拶。
こまめな挨拶をいつも大事にしていれば、何気にいつも3〜4時間サイクルで話すことになるんですよ!

例えば朝の「おはよう」、昼の「お疲れ様」、夜も同じように「お疲れ様」。
その他にも「おやすみ」や「またね」のなどの挨拶をこまめにこなすだけでも、二人の仲良し度は全く変わってきます
挨拶だけでもやり取りが増えれば、コミュニケーション不足を防ぐことに繋がるからです。

(2)毎日必ず相手をLINEで褒める

『いつまでもお互いを尊敬し合える関係でいたいから』(35歳/看護士)

ただ挨拶をひたすらに交わしているだけでは、やはり最終的にはコミュニケーションにはならないもの。
長続きするカップルは、相手を褒めることを実は毎日忘れません。
それは大事な愛情表現になるからです。

ささいなことから大きなことまで、いつも相手に好き好きアピールを。
これを繰り返していれば、どんなカップルだってラブラブ度が上がるのは間違いありませんね。

(3)ハート系のスタンプが多い

『だって大好きなら、自然と使うよね?』(29歳/SE)

仲の良いカップルは、スタンプが可愛いなど何かと盛り上がり要素がたくさんあります。
特にハート系のスタンプを素直に使い、相手に対して真っ直ぐに愛情をアピールしていきます。
彼氏側も積極的に可愛いLINEスタンプを使い、LINEの中でもいい雰囲気を作るもの。

これが言葉のみのLINEだったら、やっぱりいまいち盛り上がりには欠けるでしょう。
彼氏とのラブラブ度を高く保つなら、恥ずかしがらずにハート系のスタンプでやり取りを盛り上げていくことが肝心。

(4)長文はあまりない

『長文がきたら、何か深刻な話のはずだから、怖い(笑)』(32歳/スタイリスト)

カップルが長続きする秘訣として重要なのは、とにかくLINE一つとっても負担をお互いに感じさせないこと。
特にLINEは毎日のやり取りなので、気軽にできることが大切。

そのため、長続きするカップルのLINEは、非常に短文が多いもの。
長文は避け、送りづらい雰囲気を作らないように無意識のうちにしているんです。


いかがでしたか?
長続きするカップルに憧れるなら、まずはLINEの送り方から研究してみましょう。
挨拶をこまめにする、スタンプで盛り上げる、褒めるなど、すぐにでも実践できるポイントはたくさんあるはずです。

(恋愛jp編集部)