彼女ならLINEでも彼女らしさを出して、「あー会いたいーッ!」なんて彼を悶えさせたいもの。
ちょっとした普段のやり取りでも、彼が会いたくなる工夫をすることをぜひオススメします。
今回は、彼が会いたくなるLINEについてご紹介します。

(1)会いたいこと+愛情表現

『素直に会いたいって言ってもらえると嬉しいし、こっちも会いたくなる』(31歳/マーケティング)

もし自分が彼に会いたいなら、まずは彼にストレートに「会いたい」と伝えることが大切です。
ストレートな主張だけでも、優しい彼氏なら会いたいと思ってくれることも多いでしょう。
彼を素直に求めること、それも彼女らしさの一つです。

さらに効果的なLINEの送り方としては、そこに愛情表現を重ねること。
「大好き」「愛してる」なんて言葉を一緒に貰うだけで、彼はもうイチコロです。
また「今日かっこよかったよ!」なんて、褒め言葉を送るのも効果的ですね。

(2)心配を誘う

『彼女が精神的に参ってる様子だと、すぐに会って励ましてあげたくなる』(28歳/経営)

あえて心配を誘って、彼に会いたいと思わせるLINEの送り方もあります。
少し体調悪そうにしていたり、仕事で精神的に参っている感じを出したり……。
あまりにも辛そうなら、彼はきっとすっ飛んできてくれるはずです。

ただし心配を誘うのは、やりすぎは厳禁
結局ただの構ってアピールにならないようにだけは気をつけましょう。

いつもは気丈に振る舞っている女性が、たまにつらそうにしているからこそ心配を誘うのは効果的なんです。

(3)エサで釣る

『ハンバーグ作ったよって言われたら飛んでいきたくなりますね(笑)』(30歳/コンサル)

会いに来たら〇〇があるという、何かしらの見返りをチラつかせるという方法も。
つまりは彼を、エサで釣るんです。
彼の大好きな料理を作ってあげるなど、素直に喜ぶものを提案してみましょう。

今まであまり気乗りではなかった彼氏も、一気に態度を変えるかもしれません。
最近彼が会ってくれない、冷たい……といった時にはオススメです。

(4)いつもより時間を空けてLINEする

『いつもすぐに返信がきてたのに、全然返信がこないと、何かあったのかなって気になる』(32歳/弁護士)

少しは大人っぽく駆け引きをしてみるのも、たまにはありでしょう。

いつもより時間を空けてLINEをし、「大丈夫かな?」「何かあったのかな」と気にならせるのがポイント。
彼は謎に感じるからこそ、その時点で会いにいきたくなるはず。

もしくは久しぶりに連絡が取れたことで安堵し、そこから愛情がさらに高まる場合もあります。
関係に慣れて頻繁に連絡を取らなくても大丈夫になってきたら、たまには連絡の頻度で駆け引きをしてみましょう。


愛情表現たっぷりのLINEや心配させるLINEなどは、やっぱり彼の会いに行きたい気持ちを刺激するもの。
なかなか最近彼と会えない……という時は、一度LINEで彼の会いたい欲をくすぐってみましょう。

(恋愛jp編集部)