男性がなんだかわからないけれども受け付けられないファッションがあるのはご存知でしょうか。
それを楽しみにしていたデートにあなたに着てこられたら、ちょっとショックを受けてしまいます。
今回は男性がデートにきてほしくないトレンドアイテム4つについてご紹介します。

(1)ビスチェ

『着ている子が多いけど、正直良さがわからない……』(25歳/エンジニア)

2017年から流行っているスタイルで、ビスチェ・ビスチェ風のサッシュベルトですね。
ヨーロピアンのような雰囲気で、おしゃれに敏感な女子に大人気のスタイルです。
しかし、悲しいかな、男性が思うのは「腹巻みたい」
オシャレだと思っているのは実はあなただけだった……という結果になりかねません。

ビスチェはデートの時ではなくて、できれば女子会の時に着ていくようにしましょう。
女性の間だったら人気者間違いなしです!

(2)サロペット

『ゆるい感じが、部屋着を連想してしまう』(29歳/公務員)

女性にとってはスポッと履けてかわいらしさを演出できるサロペット。
簡単だしスタイリッシュだし、好きという方も多いのではないでしょうか。
しかし男性陣からまたもや厳しい意見が届いています。
それは「子どもっぽい」や「工事現場の人みたい」というものです。

インナーによっては女の子らしさを表現できたりもしますが、
男性的にはウエストのラインや足がみたいもの。
ロマンティックなデートにはサロペットは避けるようにしましょう。

(3)アニマル柄

『近寄り難いな、と思ってしまう』(29歳/エンジニア)

男性は勝手ですね。
女性の好きなファッションにいろいろな角度から茶々を入れてきます。
「大阪のおばちゃんみたい」「ヤンキーみたい」「派手」という男性陣の声。

私はそれでもアニマル柄が好きだからいいんだ!と思う方なら、そちらの道で良いでしょう。
もし、次のデートで買う服が「アニマル柄がいいかも」と思っているあなたはちょっと待って!
きっと彼はあなたの普段の雰囲気が好きなはず。
アニマル柄よりもできれば女性らしい雰囲気や清楚系の物を身に着けてデートに行きましょう。

(4)レザージャケット

『悪くはないが、デートにはやはり可愛い姿を期待してしまう』(27歳/通信)

冬になってくると着たいザージャケット。
スタイリッシュでかっこよく、なんだかハリウッドスターになった気分になりますよね。
しかし、これまた男性受けがよろしくありません。

男性は女性が着る女性らしい服が好きのようです。
なので、レザージャケットにジーンズなどの組み合わせでくると、ちょっぴり「恐怖」が勝ってしまうのだとか。

せっかく買ったのにーと思うかもしれませんが、もし着るとしたら、インナーは女性らしいふんわりしたものを着て、甘辛コーデを目指してみてくださいね。
レストランに入れば、彼が思っている印象もガラッと変えられることができるでしょう。


いかがでしたか。
ファッションは男のためでなはい!とは思いますが、ちょっぴりこれを参考にして、新しいファッションを取り入れるのもよいですね。

男性は古今東西、セクシーな女性が好きなことをお忘れなく。
それでは、素敵なデートを!

(恋愛jp編集部)