ピロートークはセックスの後にベッドに横たわったまま愛情を確認し合う大切な時間。
幸せな気分に浸りながら、さらに愛を深めることができるでしょう。
彼とのイチャイチャが楽しいピロートークの仕方をご紹介します。

(1)セックスの感想を伝える

『素直に嬉しい。抱きしめてあげたくなる』(30歳/広告)

男性は、彼女を本当に気持ちよくできたか気になってしまいます。
「気持ちよかった」という彼女の一言で、男性は自信が持てるでしょう。

感想を伝えるのはちょっと恥ずかしいかもしれませんが、ピロートークが一番いいタイミング。
彼は自分とのセックスに満足してくれている彼女が可愛く思えるでしょう。

ただし感想を伝えるといってもダメ出しはNGです。
せっかくの楽しいピロートークが台無しになってしまいますよ。
もしどうしても伝えておくべきことなら、先に彼のよかったところをたくさん伝えておきましょう。

(2)愛の言葉を伝える

『普段は口に出せないので』(26歳/福祉)

普段「好き」とか「愛してる」ってなかなか言えない人もいるのではないでしょうか?
彼氏もあまり言ってくれないタイプなら、お互い愛情を表現する言葉を囁く機会も少ないでしょう。

ピロートークの時間は愛の言葉がすんなり出やすいので、「好き」「愛してる」という気持ちを言葉にするチャンスです。
「好き」って囁けば、彼も言葉にしてくれるかもしれません。
愛の言葉で2人の愛情を深めましょう。

(3)「のど乾いてない?」とお水を用意する

『気遣ってくれて嬉しい。さらに愛おしくなる』(29歳/IT)

一般的にセックスでは男性の方が体力を使うので、ひょっとしたら彼はのどが渇いているかもしれません。
「のど乾いてない?」と聞いてお水を渡してあげましょう。

自分のことを気遣ってくれたら、男性も喜びます。
気が利くあなたに彼はますます夢中になるかもしれませんよ!

(4)賢者タイムを理解する

『言葉や態度を求めてくるのではなく、寄り添ってくれるのが嬉しくなった』(27歳/公務員)

セックスの後は余韻を楽しみたい女性と違い、男性は賢者タイムに入ってしまいます。
もっとイチャイチャしたいのに、彼はそっけない態度に。
女性としては寂しいですが、これは仕方がないもの。

さっきまでとのギャップが大きいので本当に愛されてるのか不安になる人もいるでしょうが、愛していないというわけではありません。
疲れてしまい、ゆっくり休みたい男性もいますので、面倒な質問などせずにそっと寄り添ってリラックスして過ごしましょう。


ピロートークはカップルの幸せな時間ですよね。
愛情表現が苦手な人も、ピロートークの時間なら素直に愛情を伝えられるのではないでしょうか?
セックスの後の幸せなイチャイチャタイムを楽しんでくださいね!

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む