男性の恋心をつかむためには、実際に一緒にいる時間を増やすのが一番確実。
そして男性に「もっと遊びたい」「仲良くなりたい!」と思わせればこっちのものです!
しかしその一方で、「この子とは一緒にいたくない……」と思われてしまう場合もあります。

そこで今回は、巷の男性に「一緒に歩くのが嫌な女性」について聞いてみました。
その結果から、「一緒に歩くのが苦痛な女性の特徴」について学んでいきましょう!

(1)自分よりも身長が高い

『自分が身長が低いことを気にしているので、どうしても気になってしまう……』(26歳/広告)

スタイルをよく見せるために、ヒールのある靴を利用している方は多いかと思います。
しかし、そんな女性の努力とは裏腹に、多くの男性は「自分よりも背の低い女性と歩きたい」と思っています。

男性は自分の身長に対してコンプレックスを持っていることが多く、特に身長が低めの男性は「女性に負けている」という理由でプライドが傷つきがち。

相手の身長に合わせて、スニーカーやヒールの低い靴を履いたりすればOKですが、そんなこと気にしない広い心の男性を見つけた方が幸せかも(笑)

(2)歩き方が汚い

『一緒に歩いているときは気付かなかったけれど……』(25歳/公務員)

街中を歩いていると、歩き方が変な人って意外と目立つことがわかるかと思います。
それは男性も同じように感じていて、「歩き方が汚い女性とは一緒にいたくない」と思っています。

歩き方のクセで多いのは、「靴底を擦って歩いている」「ガニ股で歩いている」「姿勢が悪い」などでしょうか。
気になる方は、友人などに頼んで「自分の歩き方」を見てもらうと良いかもしれませんね。

(3)ファッションの好みが全然違う

『自分の服装とは合わないな、と思ったりしたとき』(28歳/アパレル)

ファッションの好みが違う人と一緒に歩くのって、少々苦痛なことがありますよね。
男性にとって、あなたの格好がとっても奇抜だったり、逆に地味だったりすると、「一緒に歩きたくないなぁ」と感じるんだとか。

また、衣服だけでなく、メイクやヘアカラーが気になるという男性も多いようです。
事前に彼の好みをリサーチできると、印象アップにつながる可能性が高いでしょう。

(4)体形がぽっちゃりしている

『お腹が出すぎているのは、少し恥ずかしいなあと思う』(30歳/エンジニア)

男性の意見が真っ二つに分かれたのが、「女性の体形」に関する特徴。
男性意見では「細すぎても太すぎてもイヤ」というコメントが一番多かったですが、どちらかと言えば「ぽっちゃりした体形のほうがイヤ」という意見のほうが多いようでした。

中でも、ぽっちゃり体形なのに男ウケを意識した服を着ている女性が不評で、「ぽっちゃりなのにタイトなニットのせいで腹肉浮きまくり……」なんてコメントを残した男性も。

痩せすぎも良くないですが、引き締めるところは引き締めて、メリハリのあるボディを目指したいですね!


「一緒に歩くのが苦痛!」と男性が感じてしまう女性の特徴についてご紹介しました。
なかなかシビアな意見もありましたが、男性は内心こんなことを思っていたようです。
「彼が自信をもって連れて歩ける女性」を目指して頑張りたいですね!

(恋愛jp編集部)

モテテク記事をもっと読む