初デートという行為は、何度経験してもドキドキしてしまいますよね。
「もっとかわいく見られたい!」とはりきり、何日も前から準備することも。
しかしいざデート本番となったところで、彼から「彼女にしたくない……」と思われてしまっては、本末転倒ですよね。

そんな悲しい事態を避けるためにも、男性が初デートで「彼女はないな……」とNG認定した瞬間についてご紹介していきたいと思います!

(1)遅刻した際の対応が悪い!

『謝罪の言葉がないのは流石に今後の付き合い自体を考えますね』(27歳/製造)

どんな完璧な人間も、時にはミスをしてしまいます。
何日も前から楽しみにしていたデートなのに、遅刻してしまった!なんてこともあり得るでしょう。

しかし、そこで彼に対して開き直ってしまえば、あなたへのイメージは一気にダウンしてしまいます。
もしも遅刻してしまったら、まずは相手へすぐに連絡を取り、「どれくらい遅刻するか」と謝罪の言葉を伝えましょう。

相手に直接会った際にも重ねて謝罪し、大人の対応をとるように心がけましょう。

(2)お金を持っていなかった!

『そもそもの人間性を疑ってしまう』(31歳/メーカー)

デートをする際に、「どうせ男性側が支払ってくれる」と期待していないですか?
もちろん奢ってもらえるというのは良いことなのですが、だからと言ってお金を持たないというのは流石にやりすぎです。

男性はお付き合いをする際に「女性のお金の使い方」をきっちりチェックする傾向にあります。
初デートからお金を全然持っていない女性に対しては、「たかる気マンマンで無理!」と思われてしまうことでしょう。

自分もある程度のお金は持っていく、奢ってもらえたらキチンとお礼を言う、といった最低限のマナーは守って。

(3)他人の悪口を言われた!

『初デートに限らず、あまり話題にしてほしくない』(30歳/通信)

デート先での話題選びはとっても重要ですよね。
いくら彼との仲が良くても、話題にして良いものと悪いものがあります。
中でも一番気を付けたいのが、「他人の悪口」です。

せっかくの初デートなのに他人の悪口を聞かされてしまった彼は、「デートでこんな話するんだ……」とビックリしてしまうことでしょう。
最悪、あなたが悪口を言っていたことを広められてしまう恐れもあるので、気を付けたいですね。

(4)食事のマナーが悪かった!

『一緒にいて恥ずかしい思いをした』(26歳/金融)

デートといえば、ランチやディナーの予定が入っていることが多いかと思います。
彼との食事の席で、美しくキレイに食べている様子を見せることができれば、あなたの株も上がることでしょう。

しかしその逆に、食事のマナーが悪いと「彼女にはしたくないな……」と思われてしまいますし、相手の男性にも恥をかかせることになるかもしれません。
これから先、何度も食事を共にする関係になることもあって、食事の際のマナーを気にする男性は多いです。

もし不安なら、事前にネットなどでチェックするといった準備をすると良いですね!


ウキウキの初デート、そんな楽しい時間を壊してしまう瞬間についてご紹介しました。
一度ついてしまった悪いイメージを払拭するのはなかなか難しいので、初デートでキッチリ彼の心をつかめるように頑張りましょう!

(恋愛jp編集部)