Hしたいけど、ちょっと休みたい気持ちもある……そんな時はまったりできるセックスがおすすめです。
無理せず楽しむことができるため、ぜひ二人にとってちょうど良いまったりセックスの体位を模索してみましょう。
今回は、まったりセックスのオススメ体位をご紹介します。

(1)測位

『朝起きたときに、寝っ転がりながらいちゃいちゃしていれるのがいいんですよ』(28歳/広告)

測位は寝転がりながらセックスすることができるため、非常にリラックスできるのがポイント。
少し眠気眼でするというのも、お互いにトロンとしていてまったり楽しむことができます。

しか測位は体が密着するため、よりリラックスしやすいんです。
寒い日の夜に布団にくるまりながら、測位でセックスを楽しむのも良いですよね。
彼にそのまま手で気持ち良いところを触ってもらうのもあり。

(2)寝バック

『相手と密着してる感がすごい良き』(27歳/IT)

寝ながらのセックスといえば、やっぱり寝バックも欠かせないですよね。
お互いにうつぶせになって重なります。
挿入がうまくいかない場合は、恥骨あたりにクッションを置くと良いでしょう。

ゆっくりと彼に腰を動かしてもらえば、深いところまで入ってとても気持ちが良いもの。
寝ながらなので負担はやはりかかりにくいですし、リラックスもできるはず。
彼に頭や体などを愛撫してもらいながら、ぜひゆっくりと楽しんでください。

(3)横向きで片足を上げて……

『体柔らかい彼女だからこそ為せるワザ』(25歳/SE)

横向きになって寝転がり、片足を上げて挿入してもらう体位。
彼に体を支えてもらうことで、うまく深くまで挿入できるでしょう。
彼に動いてもらいつつ、正常位ほど足腰が疲れない体位なので疲れていても問題なしです。

しかも人によっては結構癖になりやすいのがポイントに。
意外と奥までいれやすいと言いますし、まったりセックスから始めて意外と盛り上がってしまうことも。

(4)彼の脚にまたがる

『自分の位置を調整しながら、気持ちいいところ探してる感が良きですわ』(30歳/公務員)

彼の脚にまたがってバックで挿入するという方法もあります。
まず彼は足を伸ばして座り、自分は彼に背中を向けた状態で脚にまたがりましょう。
そのまま後ろの方に足を伸ばせば、挿入がしやすくなります。

あとはお互いに気持ちが良いと感じるところまで位置を調整していくだけです。
ゆっくり彼が腰を前後させれば、良い感じに快感がやってくるはず。
彼にまたがって体重を預けているので、負担を感じずにまったりとバックでセックスが楽しめるでしょう。


いかがでしたか?

たまには無理をせず、まったりとセックスを楽しむのも素敵ですよね。
二人のセックスライフを楽しんでいくためには、いつも激しいセックスばかりではマンネリしがちなもの。
時には疲れを癒しつつ快感も……というくらいまったりとした時間が必要なのかもしれませんね。

(恋愛jp編集部)