初デートはお互いにフレッシュな気分で、ドキドキして楽しいものです。
でも、デート中のあなたのふとした仕草で、彼のテンションが下がってしまうかもしれません。
今回は、初デートで印象最悪なNG仕草について、ご紹介していきます。

(1)遅刻する

『ちょっとこの先が不安になる』(29歳/公務員)

初デートに限ったことではありませんが、特に初めての場合は注意しましょう。
遅刻をしてしまうと、そのあとのデートにも尾を引いてしまいます。

また、早く帰ろうとするのも相手を傷つけてしまう可能性があります。
何か用事がある場合には前もって伝えておきましょう。

(2)スマホに夢中

『退屈なのかな、とだいぶショックを受けてしまう』(26歳/IT)

インスタやツイッター好きの方に特に注意して欲しいのが、デート中のスマホいじりです。

初デートではお互いのことをあまり知らない可能性が高いので、相手に「つまらないのかな……」と思わせてしまいます。

普段の癖でつい触ってしまう人が多いようですが、初デートでは最低限に留めるようにしましょう。

また、写真を撮るのに夢中になってしまう女性も印象があまりよくありません。
美味しいものや、素敵な場所にいったら、インスタ用に写真を撮りたくなりますが、彼そっちのけで必死に写真を撮るのはNGです。

あくまでも「彼との記念」に写真をとる程度にしておきましょう。

(3)財布を出す気配がない

『そう堂々とした態度でいられると奢る気も失せる』(32歳/広告)

誘われたのであれば奢ってもらえることも多いですが、奢ってもらって当然という態度は印象が良くありません。

自分の分は出すつもりで、初デートに行きましょう。
奢ってもらった場合はきちんとお礼を言うようにしてください。

また、相手のお財布事情を察することも大切です。
けっこう余裕がありそうであれば、プライドを傷つけないよう素直に甘えた方がいいでしょう。

ちょっと彼が無理してそうであれば、「さっきランチ代出してくれたから、お茶代は私が出すよ!」と提案してあげるといいでしょう。

(4)店員に威張る、文句を言う

『今後の付き合いを考えます……』(24歳/金融)

店員に対して横暴な態度をとったり、お店に対して文句を言う女性を、苦手に感じる男性がとても多いです。

ネガティブな発言は控えて、店員に対しても気遣いができるようにしましょう。
もし明らかに店のミスである場合は、怒るのではなく彼に相談して解決策を考えると良いですよ。


初デートで印象最悪なNG仕草は、いかがてしたか?

彼はもちろん、周囲の人への気配りを忘れなければ、彼はもっとあなたのことが好きになるはずです。
NG仕草に気をつけて、彼との初デートを楽しんでください。

(恋愛jp編集部)