恋愛をご無沙汰にしていると、男性とどのように接したらいいかわからないもの。
そして、今や恋愛をする上で欠かせないLINE。
やり方一つ間違えると、男性が思いっきり引いてしまうことも……
そこで今回は、恋愛ベタがやりがち「ドン引きNG LINE」をご紹介します。

(1)返事がないのに連投LINE

『仕事とかで返事ができなくて、終わってLINE見たら、引くほど連続でメッセージがあった』(25歳/広告)

あなたは、男性からLINEの返事がないだけで、モヤモヤイライラしたりしていませんか。
挙句の果てには、男性から返事がないのに、立て続けにLINEを送ったりしているとアウト!

初めのLINEの内容と次のLINEの内容が違っていても、男性はいい気になりません。
返事しないと……というプレッシャーが積もりに積もっていくだけ。
結果、後で返そうと思われ、忘れ去られてしまうのです。

(2)既読スルーのスタンプ

『メッセージじゃなくても、返事を促すようなスタンプもウザい』(35歳/証券)

メッセージをいっぱい送ったらいけないなら、スタンプを送ろう!なんて思っていませんか。
心当たりがある人は、要注意。

スタンプを送ったとしても、男性の気持ちは変わりません
返事を促すような、壁から覗いているスタンプ。
可愛いと思っても、男性にとっては迷惑なだけなのです。

(3)長いLINE

『長いLINEが届くと、読む前から怖い……』(27歳/営業)

男性は、基本的にプレッシャーを感じるのが苦手です。
連続LINEだったり、長文LINEは、男性を怯えさせてしまうもの。
どんな内容が書かれているのか……と怖くなって読まない男性もいます。

基本的に、LINEはチャットを楽しむもの。
明るくテンポのいい内容を送り合うのがコツです。
長いLINEを送るくらい大事なことは、直接会って話すようにしましょう。

(4)質問攻めLINE

『ただただ質問攻めLINEは面倒。しかも、一気に質問があるとどれに返したらいいかわからない』(29歳/人事)

男性のことが気になると、自分をコントロールできなくなる女性は多いもの。
そして、気になることをバンバン聞いてしまうことがあります。
相手に興味をもつことはいいことですが、質問攻めをすると「会話」にはなりません。
男性は、プレッシャーを感じ、尋問されているように感じてしまうのです。


いかがでしたか。
恋愛ベタがやりがちなNG LINEは、相手のことを考えていないLINE。
自分本位になってLINEを送るのはやめ、余裕のある女性を見せるようにしましょう。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む