男性とデートをするとき、あなたはどんなところに注意してコーデを考えますか。
特に何も気にしないで自分の好きなコーデをしていると、男性ウケが悪いことも。
デートでは、特に男性をドキッとさせるようなコーデが大事です。

今回は、男の欲望をかきたてる「悩殺コーデ」をご紹介します。

(1)デコルテ見せで攻める

『単純だけど、デコルテが見えるコーデは最高。その先を想像させる』(27歳/営業)

男性を悩殺するには、谷間が必要と思っている女性は多いでしょう。
しかし、そんなことはありません。
反対に、谷間まで見せてしまうと、男性が困ってしまうことも。

Vネックニットやブラウスのボタンを少し外すなどして、デコルテを見せるだけでOK!
綺麗なデコルテを見せるだけで、男性のもっと見たい!という欲望をかきたてます。

(2)チラ見せで攻める

『いやー男って単純だから。本当にチラ見せでやられる』(30歳/証券)

チラ見せは、男性を落とすのに定番中の定番ですよね。
それほど、男性と言う生き物は単純なのです。

たとえば、ミニスカとブーツの隙間から脚をチラチラ。
半袖ニットなどで二の腕をチラチラ。
たったこれだけの焦らしでいいのです。

(3)ボディラインを強調して攻める

『ボディラインがわかると、やっぱりその下もいろいろと想像する』(28歳/商社)

ニットワンピやスキニージーンズなど、男性にとってぴたぴたのコーデはたまらないもの。
肌が見えていなくても、ボディラインがわかるので、いろいろな妄想が膨らみます。

ちょっとカジュアルなコーデでも、ボディラインがわかるとそれだけで男は悩殺!
デートの時は、積極的に女性らしいボディラインがでるコーデを選びましょう。

(4)ギャップで攻める

『冬はコートで隠れているけど、脱いだらセクシー!っていうのがいいな』(32歳/人事)

男性は、ギャップに弱い生き物ということを知っていますよね。
このギャップは、デートの時のコーデでも使うことができます。

例えば、寒い冬はコートで厚着になることもありますよね。
そして、コートを脱いだらときに薄着だったり、大人なコーデをしていると男性は落ちます。
ヒップや胸元のラインがわかるようなコーデもおすすめです。


いかがでしたか。
男の欲望をかきたてるコーデは、程よい色気とギャップが大事です。
デートの時は、男性目線でどんなコーデがいいか考えてみるといいでしょう。

(恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む