LINEは、相手との距離を縮めることもできれば、反対に遠ざけることができるツール。
相手がどう感じるかどうかは、あなたの使い方次第によります。
では男性が、もう話したくなくなるLINEとはどのようなものなのでしょうか。

今回は、男性がブロックしたくなる「ウザ女LINE」についてご紹介します。

(1)時間を気にしない女

『まじで時間を気にせずLINE送ってくる女はムリ。仕事中とか深夜にいっぱいLINEがくるとウザイ』(24歳/広告)

LINEは、簡単に送れるツール。
だからといっていつでも相手にLINEを送ってもいいとは限りません。

一昔前なら、相手に何時に電話をしたら迷惑じゃないかな……と考えていましたよね。
しかし最近は、それを考える人が少なくなりました
それは相手がでなくても、一方的にLINEを送ることができるから。

でも相手が仕事で忙しかったり、夜中に寝ていたらどうでしょうか。
時間を考えないで送っていると、ウザ女確定です。

(2)細々LINEを送る女

『細かく送られると、LINEに溜まってるメッセージの数が多くなってびっくりするし、読みにくい』(30歳/IT)

LINEは、気軽に送れるチャットタイプ。
そのため相手がオンラインであれば、細々LINEは楽しく会話ができます。

しかしオフラインなのに、細々LINEをいっぱい送ると、相手はLINEを開いたときにびっくりします。

そして細々LINEが読みにくい……と感じるのです。
相手がオフラインのときは、読みやすさを気にして送るようにしましょう。

(3)既読スルーに反応する女

『既読スルーで責められると、もう既読機能が嫌になる』(27歳/公務員)

既読機能は、相手が読んだよ!ということを教えてくれる便利なもの。
しかしこの機能が返って、多くの人を悩ませることになっているものでもあります。

相手が読んだ!返事はまだかな♪と思っていて、返事がないとがっくり……。
ショックな気持ちから怒りの気持ちに変わることもあるでしょう。

とくに、女性は男性の既読スルーに敏感に反応するもの。
男性が既読スルーをすると「何で返事ないの?」とか「忙しい?」と送ってしまいがち。
これが、男性をウザがらせることになるのです。

(4)スタンプだけ送る女

『真剣な話の時にスタンプだけ送られると、本当にウザい。イラッとする』(33歳/営業)

最近では、可愛いスタンプやおもしろスタンプが増えているもの。
これらをたくさん使いたい、という女性は多いでしょう。
しかしスタンプを使うタイミングを間違ってしまうとウザ女LINEになってしまいます。

たとえば、相手が何か質問をしてきたときに、スタンプ!
相手が真剣な話をしたいときに、スタンプ!
スタンプだけで返事をすると、相手はあなたと話す気がなくなるので気をつけましょう。


いかがでしたか。

便利なLINEですが、相手が簡単にウザいと感じることもあるLINE。
あなたは、LINEのマナーをきちんと守っていますか。
ウザ女LINEは、ちょっとしたことを気をつけるだけで避けることができるものですよ。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む