彼からの「イっていいよ」という言葉にプレッシャーを感じている女性も多いのではないでしょうか。
まだイケそうにないのに、正直に言っても彼を傷つけてしまいそう……。
イケないのに彼氏が「イっていいよ」というときの対処法をご紹介します。

(1)多くの女性はイったフリ

『イったフリってなんとなくわかるけど、わざわざ指摘はしない(笑)』(29歳/美容師)

まだイケそうになくても彼氏に「イっていいよ」と言われたら、イクふりをする女性が多いようです。
その理由としては、本当のことを言って彼氏を傷つけたくないからというものが多く、彼のプライドを傷つけないために演技をしてしまいます。

(2)「もっと……」

『もっと……なんて言われたらめちゃくちゃ張り切っちゃう(笑)』(32歳/弁護士)

彼を傷つけないためにイクふりするのもいいですが、いつも我慢してばかりでは不満もたまります
お互いに気持ちよくなることが大事なので、正直になることも必要なのではないでしょうか。
しかし「まだ全然イキそうにない」なんて言っては彼氏を傷つけてしまうかもしれません。
そこで「もっと……」と言ってみてはいかがでしょうか?

もっと気持ちよくなりたいと正直に言ってくれたら彼ももう少し頑張ってくれるのでは?
エッチを積極的に楽しんでいることが伝わり、彼も喜んでくれるでしょう。
自分が我慢すればいいという考えは捨て、彼を傷つけない言い方でエッチを楽しみましょう。

(3)「あと少しでイキそう」

『正直に伝えてくれたら嬉しい。イカせてあげれるまで頑張ろうって思える』(30歳/企画)

もう少しでイキそうというときは、演技をせずに正直に伝えてはいかがでしょうか。
「もうちょっとでイク」と言われたら、彼もさらに張りきってくれるかもしれません。
このときに、もう少しこうしてくれたらイケそうという希望があれば、遠慮せずに伝えてみましょう

もちろん彼を傷つけないような言い方で……。
受け身でいるよりも、お互いに気持ちいいポイントを伝え合えた方が、これから先も充実したエッチが楽しめるでしょう。

(4)彼が疲れているなら演技もあり

『俺はイったフリされてても気付かない自信ある……鈍感なのかな』(33歳/営業)

彼が疲れているみたいなら、イク演技をするのも優しさかもしれません。
エッチを始めたものの本当は早めに寝たいという日もあるでしょう。
毎回演技をしていては、あなたも楽しめないでしょうが、彼が疲れているときくらいはイクふりをしてもいいかもしれませんね。


彼の「イってもいいよ」の言葉にどう対処するか困っている女性もいるでしょう。
毎回イケない女性にはプレッシャーとなりますよね。
演技ばかりでは女性も楽しめないので、彼を傷つけないように言葉を選びながら正直な気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)