あなたは普段、どんなファッションを好んでいますか?
中でも、毎日オフィスにに服で通う女性にとっては、毎日の服選びは大変な作業ですよね。
だからと言って、ついつい着回しのしやすいものやシンプルなものばかり買ってしまい、クローゼットの仲が地味~になってしまってはいませんか?

この記事では、ついつい冬にやってしまいがちな「男のテンションを下げる地味コーデ」についてご紹介していきます。
いくつ当てはまるか、チェックしてみてくださいね!

(1)オール暗色コーデ

『暗い色ばっかりだとなんだか地味な印象だなぁ……』(30歳/企画)

気温が低くなると、ついつい濃いめの色や暗い色の服を買ってしまいがち
黒や紺色、深緑などのみでまとめたコーディネートは、ファッションとして変ではないものの、毎日これが続くと男性からは「地味な人なんだなぁ」と思われてしまいます。

明るめの差し色を上手に利用したり、トップスかボトムスのどちらかを明るめの色にするなどして、全身が暗い色になってしまわないよう工夫したいですね。

(2)毎日モノトーンコーデ

『大人っぽくて素敵だけど、モノトーンって難しいと思う。オシャレに見せれてる人は凄い』(29歳/コンサル)

モノトーンのコーディネートは、手軽に大人っぽい印象を得られますし、とにかく無難なのでしょっちゅうお世話になっているという女性も多いかと思います。

しかしやはりというか、色合いが地味になってしまいがちなので、男性からすると「落ち着きすぎ!」という印象を持たれてしまうかも。

またモノトーンコーデは、全体のメリハリに気を付けないと、何だか「のっぺり」した感じになってしまいます。

色はモノクロでも、服の素材や形にこだわれると一気にオシャレに見えるので、服選びの参考にしてみてくださいね。

(3)ボトムスがズボンばっかりなコーデ

『女の子にはスカート履いていてほしいなぁ……特にデートにはスカートだと嬉しい!』(32歳/経営)

気温が低いとどうしても防寒のためにズボンを選択してしまいがちになりますよね。
しかし男性的には、やはり女性にはスカートを履いて欲しいと思っているので、常にズボンばかりだとズボラな印象を抱かれてしまう可能性があります。

女性のスカートが好きな男性心理は、「女性らしいボディラインを楽しみたい」という場合が多いので、スキニーパンツなどのようなシルエットのすっきりしたパンツならOKな場合も。

逆に太めのデニムパンツやカーゴパンツは、シルエットが男性のようで地味に思われてしまうので、男ウケを狙うなら避けた方が無難かも。

(4)小物で遊んでいないコーデ

『小物が華やかだと暗めのコーデでも明るくオシャレになっていいよね!』(31歳/マーケティング)

可愛らしい小物を組み合わせることも、ファッションを楽しむ醍醐味ですよね。

しかしあまり派手な小物は、使いどころが限定されてしまうため、購入しないようにしているという方もいらっしゃるかと思います。

ですが暗色系のファッションアイテムが増える冬場では、華やかな小物を上手に利用しないと、ベーシックすぎて地味な印象を抱かれてしまうことも。

差し色を意識した小物使いをするなら、赤やマスタードといったカラーが冬にはオススメです。
ベルトや靴下、ニット帽などに利用することで、いつものコーデに華やかさをプラスできますよ!


冬は重ね着をする機会が増えるので、ファッションの色合いやバランスが難しいですよね。
だからといってベーシックなカラーや暗色ばかりを使っていると、男性から「地味女子」のレッテルを張られてしまうかもしれません。
この記事に当てはまっていた!と感じた方は、普段のコーディネートを見直してみることをオススメします。

(恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む