今回は男性がキスをしたい衝動に駆られる瞬間を大公開!
男性はどんなときにキスのスイッチが入るのでしょうか……
さっそく気になる詳細を覗いていきましょう。

(1)笑顔を見たとき

『屈託無く笑う姿を見ているとキスしたくなる』(33歳/公務員)

男性は女性の笑顔に弱いです。
それが好きな人の笑顔ともなれば尚更心に響き、ついムラッとしてしまうのは必然だと言えるでしょう。

笑顔は最高のメイクとも言われるほど自分の魅力を引き出せる武器となるので、見せておいて損はありません。
なんだか最近キスの回数が減った……なんて悩みを抱えている人は、彼の心に火をつけるためにも笑顔を意識してみるといいかもしれませんね。

(2)甘えられたとき

『可愛く甘えられたらそのまま抱き寄せてキスします』(27歳/金融)

甘えん坊な彼女に対して、ついキスをしたくなってしまう男性も多いようです。
肩にもたれかかったり甘い言葉を囁いたりなど、甘え方は自分のできる範囲でOK
「恥ずかしくてなかなか甘えられない」という人は、彼の裾を掴むだけでも十分気持ちは伝わります。
良いムードを演出するためにも、たまには自分から彼に甘えてみませんか?

(3)体が密着したとき

『匂いがわかるまで近づくとキスしている姿を思い出してしたくなりますね』(29歳/SE)

男性から特に「キスがしたくなる」という声が多かったのは、体が密着したときでした。
「確実にしたくなる」「絶対にドキドキする」なんて意見が多かったので、キスをしたいときは1番手っ取り早いかもしれません。

「良い香りがしたら尚のこと気持ちが高ぶる」といった声もあったので、香りも意識すると良いでしょう。
ちなみに男性から特に人気が高かったのは、石鹸の香りと柑橘系の香りの2種類!
ただし、いくら良いニオイでもニオイが強いと男性からの評価は一気に急降下してしまうので、ほどほどにしましょうね。

(4)お酒を飲んだとき

『お酒が入るとめっちゃキスしたくなる!』(33歳/事務)

お酒を飲むと気が高まって普段よりも大胆になれる……なんて男性は意外と多いです。
自分の欲望にも忠実になるため、キスはもちろん一気にアダルトなムードへと発展することもしばしば!

女性の赤く染まった頬や潤んだ瞳に惹かれる男性も多いので、大好きな人とお酒を飲む機会はしっかりと確保しておきましょう。


男性がキスをしたいと思う瞬間は、日常の至るところに潜んでいます。
今回紹介した例を参考にすればキスのムードへと発展する確率はグンと高まるので、是非実践してみましょう。

(恋愛jp編集部)