恋人とのコミュニケーションは上手に取れていますか?
大好きな人であっても、一緒に過ごす時間が長くなると、段々と不満も募ってきますよね。
「別れたいわけではないけれど、これだけは直してほしい」と思っているのは、あなただけではないのかも。

あなたは彼を困らせるようなことはしていませんか?
今回は、男性が彼女になおしてほしいと思っていることについて調べてきました。

(1)恥じらいがないところ

『恥じらいを無くしたらおしまいだよ……』(26歳/アパレル)

彼の前であることを気にせずに、おならをしてしまったりしていませんか?
お風呂上がりに下着で動き回ったりする姿も、彼の目にはどう映っているのでしょうか。
あなたは気を許しているつもりでも、彼はげんなりしているかもしれません。

いくら家族のように親しく感じている彼だったとしても、最低限の慎ましさは残しておきたいところです。
あなたを一番女の子として見てくれる彼だからこそ、かわいい姿を意識してみてください。

(2)理由を言わずに怒り始めるところ

『自分勝手に拗ねて不機嫌になってるように見えます。理由は教えて欲しい』(28歳/建築デザイン)

急に不機嫌になって拗ねてしまって、口もきかずに帰ってしまった経験はありませんか?
実は、この「理由を言わずに怒って取り合わない」という態度が苦手という男性が本当に多いんです。

あなたにとっては原因があって、彼に過失があり、怒っているのかもしれません。
ですが、残念ながら不機嫌になってみせたからと言って彼に理由も解決策も全て伝わるということは絶対にありません

彼のほうも事情もわからないままご機嫌取りをさせられたら、心身ともに疲弊してしまいます。
そうなると、あなたを気遣うどころか彼も怒ってしまう可能性だってあります。
口をきくのもイヤと思ってしまった時でも、きちんとなぜ自分が怒っているのかは口に出して伝えるようにしてくださいね。

(3)愚痴が多いところ

『愚痴っぽいのは嫌いなので正直疲れますね……』(35歳/広報)

仕事に細かい不満はつきものですよね。
黙殺できるようなものであればまだいいところ、場合によっては理不尽にすら思えるようないざこざだって仕事をしていればあります。

それを全部1人で飲み込むのは無理という方も多いのではないでしょうか。
そんなとき、気を許している彼に思わず愚痴ってしまって、すると口が止まらない…なんて経験はありませんか?

気を許しているからなおのこと、友達にすら言えないようなことも吐き出してしまいますよね。
でも、あなたばかりが愚痴を吐き出す場所になっていませんか?
彼も別のコミュニティに所属していて、あなたに癒やされたい時間もあります。
けれど、あなたの愚痴が止まらないからと押し殺しているのかもしれません。

どうしても我慢できない時以外は、彼がどんなことを考えているのかをきちんと見つめ直してみるようにしましょう。

(4)他の男性と比べるところ

『比べられたら嫌なもんだよ。自分が一番だって思っていなくてもさ』(32歳/営業)

人間ですから、長所や短所は誰にでもあることです。
けれど、それを親しい人に比較されるのは、男性でなくても気分が良くないものではないでしょうか。
恋人としての彼を、別の男性と比べるなんてもってのほかです。

男性はプライドが高い人も多いので、彼の自尊心はあなたの心ない一言でズタズタになってしまっているかもしれません。
「比べるなら俺じゃなくて、そいつと付き合えばいいじゃん」と内心ふてくされている男性も多いです。
嫌なところや直してほしいところは、遠まわしに嫌味を言うのではなくて、きちんと向き合って話しましょう


こうして見てみると、男性というよりも、人間としてやってほしくないなと思うことも数多く挙げられていますね。

彼もあなたも恋人である前に人間なので、やはり自分が尊重されていないと感じるとそれが不満に繋がりやすいです。
なによりも大切なのは、コミュニケーションを怠けずしっかり言葉にすること。
相手を大切にしたいと思う気持ちを忘れずに、自分の行動を振り返ってみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む