彼と一緒に過ごす時間は幸せですよね。
一緒に話しているだけで幸せと思ってしまうものですが、たまにはちょっといちゃいちゃしたりする時間も取りたいところです。

彼からいちゃついてくれるのも嬉しいですが、いつもそのタイミングを待っているだけでは、彼から「あまりいちゃいちゃしたくないのかな?」と思われてしまうかも。
それでは、自分から仕掛けるには、どんなことをすればいいのでしょうか?
今回は、男性がしてほしいと思っている”いちゃいちゃ”について調べてきました。

(1)膝枕からの耳かき

『膝枕耳かきって最高のシチュエーションだな!』(31歳/飲食)

男性は意外と膝枕が好きです。
また、耳の中は結構敏感なので、耳かきをされると少しくすぐったくて気持ちよく感じます。
耳かきをする時って両耳をやりますよね。

やってみるとわかるんですが、膝枕って結構密着するんですよ。
反対の耳をやるために男性にぐるっと回ってもらうと、お腹に彼の顔がぎゅっと当たってくすぐったいです。
少し恥ずかしいかもしれませんが、スキンシップをするには抜群の効果がありますよ。

(2)2人きりの食事で「あーん」

『家でまったり手料理の時に、あーんして不安んげに美味しい?って聞かれるシチュエーション憧れます』(27歳/インテリア)

外でやるのは忍びないと男性も思っているのですが、実はやってほしいと思っているのが「あーん」です。

外食の時ではなく自宅で食事をする時だったり、完全に個室になっている席などを利用して彼にやってみましょう。
人目が無ければすんなりと口を開いてくれます。

食事を取るというのは意外とプライベートに感じる行為なので、ここでスキンシップを取ることでさらに距離が縮まりますよ。

(3)自分からハグやキス

『恥ずかしそうにがんばって抱きついてきてくれたときの可愛さといったらないね』(32歳/販売)

イチャイチャすることに慣れていない女の子からのハグやキスはいつもとのギャップがあって喜んでしまう、という男性が多いようです。
「頑張ってる」感がたまらないのだとか。

わかりやすい愛情表現に飢えている男性からすると、かわいくてたまらないようです。
ストレートな甘え方が喜んでもらえる秘訣かもしれませんね。

(4)肩に頭を乗せる

『コテっと頭乗せてくる感じ、思わずぎゅーっとしたくなるね』(28歳/IT)

隣にぴったりと座って肩に頭を預ける仕草にキュンときてしまうという声も多いです。
甘えたいんだな、とわかってしまう態度がこそばゆいのだそう。
確かに大好きな彼女に甘えられたら嬉しくないわけがないですよね。

ぴったりくっついて身体を預ける程度であれば、外でやっても不自然な感じはありませんから、デート中に甘えてみても喜んでもらえますよ。


やっぱりイチャイチャするなら身体をくっつけておくのは必須のようですね。
基本的には女性の方から行動してくれただけで嬉しいという男性が大半なので、どんな方法が喜んでくれるかよりも、自分のできる甘え方でとにかく行動してみることが大切です。
素直にイチャイチャしたいと言える関係になるまで慣れていきたいですね。

(恋愛jp編集部)