男性から「好き」と言葉にされなくても、ちょっとした態度に「好き」のサインが表れていることがあります。
気になる彼と両思いなのか確認するためにも、彼の好きサインを見逃さないようにしましょう。
男性が隠し切れない「好きサイン」4選をご紹介します。

(1)LINEには必ず返事をくれる

『既読スルーは絶対にしませんね』(27歳/事務)

男性は、好きな女性からのLINEはスルーできません
どんな内容でも必ず返事をくれるなら、それは好きのサインかもしれません。
もし返信の内容がそっけなかったら脈ナシと思ってしまうかもしれませんが、必ずしもそういうわけではありません。

中にはLINEのやりとりが苦手な男性もいるのです。
それでも必ず返信してくれるということは、好きのサインという可能性があるでしょう。

(2)前に話したことを覚えてくれている

『彼女と話した内容は絶対に忘れない』(32歳/金融)

本命でない女性の話はあまり真剣に聞いていないという男性もいます。
相槌を打っていても、適当に受け流しているだけなので、内容はあまり覚えていないでしょう。

もし前に話した些細なことも覚えてくれているなら、あなたのことが気になっていると考えられます。
好きな人の話なら真剣に聞きますので、ちょっとしたことでも覚えているでしょう。
「この前話してた〇〇のことだけど」と彼から話題にしてくれたら、「好きサイン」だと思っていいのではないでしょうか。

(3)自分のことを話す

『自分を知ってもらいたくて色んなことを話します』(27歳/アパレル)

好きな相手には、自分のことをもっと知ってもらいたいと思います。
趣味や好きなスポーツ、悩みや家族の話など、好きな人には自分から進んで話してくれます。

一方、本命でない相手には、自分の情報を教えたくないかのように、自分のことをあまり話そうとしません。
そのため自分の話をしてくれるということが好きサインと受け取れるでしょう。

(4)都合が悪いときは別の日を提案してくれる

『彼女に誘われたらなるべく合わせるけど無理な時は逆に別日を提案する』(30歳/営業)

今日や明日など突然ご飯に誘ったら、彼は都合が悪いかもしれません。
しかし、「〇曜日なら大丈夫だけどどう?」と別の日を提案してくれるなら、それは好きサインと受け取れます。

せっかくの誘いを断ったらチャンスを逃してしまいます。
このチャンスを逃したくないので、別の日に変更してほしいと思ってしまうのです。
もし本命でなければ、あっさり断るでしょう。


いかがでしたか?
日常のちょっとした態度に彼の「好き」という気持ちが溢れています。
好きサインに気づけるように、彼の態度をしっかり見ておきましょうね。

(恋愛jp編集部)