女性に甘えられると「頼られてる」と実感して嬉しくなる男性も多いようです。
人に甘えるのが苦手という女性もいますが、男性が恋に落ちてしまうような甘え上手を目指してみませんか?
甘え上手になるための方法4選をご紹介します。

(1)まずは小さなことを頼んでみる

『背の低い子から物を取ってって言われるのはちょっと嬉しい』(35歳/商社)

甘え下手な人は、何でも自分でしなければいけないと思っているのでは?
しかし、無理して何でも自分で抱え込まなくてもいいのです。
人にものを頼むのが苦手という人は、小さなことを頼んで練習してみましょう。

例えば高いところにあるものを取るときは、自分で無理せず背が高い男性に頼ってみましょう。
こんなお願いごとなら男性にとってはお安い御用です。

「〇〇君、背が高いから」とその男性に頼んだ理由も付け加えるとさらによいでしょう。
自分の長所を褒められたようで、彼はきっと嬉しくなるはずです。
甘え上手になるために、まずは小さな頼みごとができるようになりましょう。

(2)「ありがとう」を忘れずに

『お礼がきちんと言える子は好感が持てる』(27歳/広告)

お願い事をしたら、お礼の言葉を忘れないようにしましょう。
「ありがとう」の一言で、男性はもっと甘えてほしいと思ってしまいます。

逆に「ありがとう」も言えない女性には、何もしてあげたくないと思ってしまうでしょう。
ニッコリ微笑みながらお礼を言うことで、男性はキュンとして落ちてしまう可能性もあります。

たとえ小さなことでも助けてもらったときは「ありがとう」を忘れないようにしましょう。

(3)お願いは彼ができることだけにする

『パソコンが苦手なんだけど頼られた時は辛かったな……』(29歳/インテリア)

頼みごとをして甘える時は、彼ができることだけにしておきましょう。
もし無理なお願いをして彼ができなかったとき、プライドを傷つけてしまう可能性があります。

甘え上手になるには、彼の自尊心をくすぐるお願いの仕方がおすすめです。
パソコンが得意な男性に使い方を教えてもらう、体格がいい男性に力仕事を頼むなど、彼の得意分野の頼みごとをしましょう。

(4)好意はありがたく受け取る

『素直にお願いって言ってくれた方が頼られている気がしますね』(27歳/金融)

荷物を運んでいるときなど、「手伝ってあげようか?」と聞かれても「大丈夫です」と断ってしまう女性もいますよね。
甘え下手な人は、自分でできることを誰かにお願いするのは悪いと思ってしまいがちです。

しかし、彼も頼ってほしいから「手伝おう」と言ってくれているのです
せっかくの好意は素直に受けて、甘え上手な女性になりましょう。


甘え下手な女性は、相手に迷惑をかけたくないという気持ちが大きいのではないでしょうか。
しかし、女性に甘えられることを喜ぶ男性も多いです。
相手の負担にならないことなら、上手に甘えられるようになってはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)

モテテク記事をもっと読む