あなたの周りにも、見ていられないほど痛い女っていませんか。
痛い女は、同性だけでなく異性から見ても痛々しいもの。
男性は、そんな女性とは一緒にいたいとは思わなくなります。

今回は、そんな男性が「痛いなぁ……」と感じる女性についてご紹介します。

(1)上から目線女

『事あるごとにやたらと上から目線の人がいる。友達でも彼女でもないからイラッとする』(25歳/IT)

痛い女は、どんなときでも上から目線で物事を言います。
それは、男性だけでなく女友達に対してもそう。
人が言われて傷つくことをわかっていないのです。

よかれと思って言っているアドバイスでも、言い方次第では上から目線に。
男性からすると、「何様?」と思うことがあるので、気をつけましょう。

(2)モテ自慢女

『いつもモテ自慢をしている人がいるけど、本当かな……と疑ってしまう』(32歳/営業)

人にモテていることを自慢する女性は、勘違いしていることがあります。
「○○くんに誘われて~××さんに告白されて~」なんていうのは、痛々しい女
本当にモテている女性は、控えめでそんなことは口にしません。

だからこそ、そんなモテ自慢をしている女に男性も疑いの目をもちます。
本当にモテているのか……勘違いしているだけじゃない?と思うことでしょう。

(3)勘違い女

『ちょっと優しくしただけで、好かれていると勘違いしている女は痛い。普通に誰にでも優しい男はいる』(28歳/証券)

ちょっと男性に優しくされたら、気持ちが舞い上がる女性っていますよね。
そして、いつの間にかその男性は自分に好意があると思っている女。

それが本当だったらいいですが、そうじゃないとただ痛いだけ
見ている方も、すごい勘違いする女だなと呆れてしまいます。
男性が本当に好意を持って優しくしているかチェックして、自惚れないようにしましょう

(4)奢って女

『別に支払いしなくてもいいけど、最初から払う気がないのはありえない』(33歳/金融)

多くの男性は、デートで基本的に奢ってくれることでしょう。
しかし、男性も女性がどのような態度をとるのかよく見ています。

もしあなたが、奢ってもらって当然!という風な態度をとっているとアウト!
男性からすると、それは痛い女の行動です。

奢ってもらう気がないからこそ、男性は奢りたくなるもの。
控えめな態度を心がけ、「ありがとう」という言葉を忘れないようにしましょう。


いかがでしたか。
男性が「痛い女……」と思う女性は、マナーがなかったり当然という態度をとっている女性です。
常に女性らしさを心がけ、礼儀とお礼は忘れないようにしましょう。

(恋愛jp編集部)

モテテク記事をもっと読む