男性とデートをするとき、あなたはいつもどのようなことに気をつけていますか。
服装やメイク?ヘアスタイル?
それだけでなく、男性を困らせないような言動にも注意することも大切です。

今回は、男性がデートで困る女性の言動についてご紹介します。

(1)何でもいいよ

『これは世の男性が困る言葉じゃないかな。男は女の心が読めないから言ってほしい!』(34歳/企画)

デートをするとき、あらゆる場面で決めないといけないことってありますよね。
デート場所、レストラン、観たい映画など、探してみるとキリがないでしょう。

そして、優しい男性は女性の意見を尊重したいために、どうしたいかを聞きます。
それに対して、「何でもいいよ」とか「お任せする」という言葉があると困ってしまうもの。
さらに、男性が提案したことに反対すると、「何でもいいわけじゃないじゃん!」となってしまいます。

男性は、あなたの心を読む占い師ではありません。
自分がしたいことや思っていることを、素直に伝えるといいでしょう。

(2)怒ってないよ

『明らかに怒っているのに「怒ってないよ」とかいう女。しかも、理由を言わないからわからない』(27歳/広報)

多くの女性は、不機嫌になると黙ってしまうことがあります。
雰囲気はかなり怒っているのに、男性が聞くと「怒ってないよ」の一言。
理由を聞いても言わないようなら、男性も困り果ててしまいます。

優しい男性なら、女性の機嫌をとろうといろいろと気を遣ってくれるでしょう。
しかし、いつまでもそれが続くとは限りません。
怒っているならきちんと説明をすることが大切です。

(3)大事な日を忘れて不機嫌になる

『本当に仕事で忙しいときは、大事な日を忘れることもある。わかってほしい』(29歳/コンサル)

男性は、基本的に仕事で忙しいもの。
そして、頭の中で何かに占領されると、他のことができなくなってしまいます。
それは、シングルタスクの男脳だから。

誕生日や記念日が大事なのは、男性もわかっています。
しかし、すぐに不機嫌になるのではなく、何かヒントを与えるなどしてあげるといいでしょう。

(4)いつも遅刻で約束の時間にこない

『約束の時間を今まで守ったことのない元カノ。普通のデートならいいけど、旅行の時は大変だった』(31歳/マーケティング)

女性は、いろいろと準備をしていると約束の時間に遅れてしまうことってありますよね。
男性もそれはある程度わかっています。

しかし、いつもデートで遅れるようなら、いつか呆れてしまうかも。
特に、旅行の日など大事なときは、約束の時間を守れる女でいましょう。


いかがでしたか。
デートで困る女性の言動は、男性のことを思っていない言動です。
また、人としてどうなの?という言動には引かれてしまうので、気をつけましょう。

(恋愛jp編集部)