恋愛に消極的で、自分から行動を起こさない「奥手男子」。
好きな人が「奥手男子」だと、自分のことをどう思っているか分かりにくいですよね。

そこで今回は、奥手男子が出す脈ありサインを、紹介していきます。

(1)目が合うとすぐにそらす

『自分から声掛けられないけど、気になって目で追ってしまう』(30歳/金融)

好きな人と目が合っても、すぐにそらされると悲しくなってしまいますよね。
しかし、「奥手男子」と目が合ってすぐにそらされることが何度もあるなら、脈ありサイン。

恋愛に消極的な「奥手男子」は、好きな人がいてもなかなか自分から声を掛けられないもの。
しかし、気になるのでずっと目で追ってしまいます。

目が合うとどうして良いか分からず、恥ずかしさから目をそらす。
そしてまた気付いたら目で追っている、ということを何度も繰り返します。

(2)LINEが多くなった

『話すのは難しい。LINEなら色々トークできるのに……』(26歳/IT)

「奥手男子」は、直接話す時は、緊張や恥ずかしさから上手に話すことができません。
しかし、LINEなら積極的に話すことができます。
会っている時はあまり話さなくても、LINEが増えてきたなら脈ありサイン。

「奥手男子」は、シャイで口下手な人が多いもの。
また、自分の態度から相手に「好き」な気持ちが伝わることを嫌がります。
そのため、直接話すことを苦手に思うもの。

しかし、LINEならば自分の気持ちを素直に伝えることができます。

(3)プライベートな話をする

『好きな人には自分を知って欲しいけど、信頼関係ができるまでは難しい』(29歳/公務員)

「奥手男子」は、シャイで話し下手な人が多いですが、それ以外にも警戒心が強いことが特徴です。
なので、あまり周りに自分のことを話すことは少ないもの。
しかし、好きな人には自分のことを知って欲しいので、プライベートな話をしてきます。

尋ねられてもいないのに、自分からプライベートな話をしてきたなら脈ありサイン。
自分のことを知ってもらいたいし、信頼している証です。

「奥手男子」が、プライベートな話をしてきたら、きちんと聞いてあげましょう。
茶化されたりすると話さなくなるので、興味を持って聞いているという態度が必要です。

(4)2人っきりになったら無口

『緊張して何を話したら良いか分からなくなる』(27歳/人事)

グループで合う時は話してくれるようになったのに、いざ2人っきりになると無言……。
嫌われてしまったのかな、と思いがちですが、それ脈ありサインです。

「奥手男子」は、シャイなので好きな女性と2人っきりになると、緊張してしまい何を話して良いか分からなくなります
ソワソワと落ち着かない態度をとり、機嫌が悪く見えたりもします。

変な対応をして幻滅されたらと思うと、どのように振舞ったら良いか分からなっている状態。
そんな時は、いつもとは変わらない態度で対応していけば、そのうち緊張が解けますよ。


「奥手男子」の脈ありサインは分かりにくく、嫌われたかもと思われる行動もあります。
しかし、じっくりと観察すれば、緊張しているだけと判断できるもの。
「奥手男子」の生態が分かるようになれば、脈ありサインも分かりやすくなるので、じっくり観察してみて下さいね。

(恋愛jp編集部)