男性と付き合っていると、私って本命彼女?と不安に感じることがありますよね。
実は、男性が送ってくるLINEの中に「本命彼女」かどうかのヒントがあります。
今回は、「男性が本命彼女には絶対に送らないLINEの内容」を4つご紹介します。

(1)「寝てた」

『返すのが面倒になったときに。本当に大切に思っていたら送らないかも』(28歳/広告)

LINEが深夜まで続いてしまった場合や、男性にとって都合の悪い話題、面倒くさい話題になったとき翌日になって寝落ちしていたことをアピールするLINEです。
「昨日のは未読スルーじゃなくて寝落ちしてたんだよ」という言い訳です。

ふつう、会話の途中で寝落ちしてしまうと相手に心配や迷惑が掛かるのをわかっているので、本命彼女とのLINE中に眠くなった場合はあらかじめ「寝るかも」と伝えて居たり、会話を切り上げてから寝ます。

(2)スタンプで返信

『嘘をつくわけにもいかないから、はぐらかすために』(29歳/アパレル)

たまにスタンプで返信してくるくらいなら問題ありませんが、こちらから「好き」とか「愛してる」と気持ちを伝えているにも関わらず毎回適当なスタンプで返信が来るようならあなたは「2番手」かもしれません。

本命彼女とは積極的にコミュニケーションを取りたいと思っている男性も、2番手以下の女性と心の関係を持ちたいとは思っていません。
必要最低限のLINEしかしてくれない男性や、返事が適当な男性には要注意です。

(3)「エッチな画像送って」

『本当に好きな子に対しては、嫌われたくないから送れない』(23歳/営業)

このような性的なLINEは「この人は性的な要求をしてもいい相手」を選んで送っています。
男性には本命彼女には頼めないけどやってみたいエロいことがたくさんあります。

最悪嫌われても良いと思って送っているので好かれたいと思って要求にこたえているとどんどんエスカレートしてきます。

普通このような内容のLINEは大切に思っている人には送りません。
エッチ目的やキープだと思われている可能性もあります。

(4)「そんな話したっけ?」

『申し訳ないけど、あまり真剣に話を聞いていないかも……』(31歳/IT)

本命彼女じゃない女性について全く興味がないのが伝わってくるLINEです。
相手に興味がないので、前に話した話題について記憶していません。

たとえ聞いていてもすぐに忘れてしまいます。
もしも彼からこのようなLINEが届いたらあなたに興味がない証拠かもしれません。


いかがでしたか。
男性は、本命の恋人には嫌われたくないので内容をとても考えてからLINEを送ります。
適当な返信や、攻めた内容のLINEが届いたら彼との関係を見直した方が良いかもしれません。

(恋愛jp編集部)