気になる彼からなかなかLINEの返信がこない、と悩んでしまうことがありますよね。
今回は、「男性から速攻でLINEの返信が来るLINEの内容」について4つの特徴をご紹介します。

少しの工夫で、男性が返信したくなるLINEを作ることができますよ!

(1)内容が返信しやすい

『何を返信すればいいのか困ることがある』(26歳/公務員)

伝えたいことがわかりやすいLINEや、文章が簡潔にまとめられているメッセージは読みやすく、返信しやすいLINEです。

逆に、くどくどと要点のわかりづらい長文やネットスラングを多用した個性的すぎる文章は読みづらく、何を返信したらいいのかわかりづらいLINEと言えるでしょう。

男性は無意味で内容のないLINEが苦手です。
返信が欲しい場合は内容も目的を明確にしてできるだけ短文で送るようにしましょう。

(2)スタンプを連打してこない

『後から返信しようと思っていたところにくると、返信する気をなくしてしまう』(29歳/金融)

すぐに返信が返ってこないからといって返事を催促したり、スタンプを連打するのはやめましょう。

「ウザイ」と感じた男性はあなたのLINEをブロックしたり、ミュートしてしまいます。
そうなってしまうとあなたがどんなに熱心にLINEを送っても相手に届くことはありません。

必要な内容を送った後は、相手からの返信を静かに待つのが良いでしょう。

(3)やり取りのタイミングが適度

『向こうばかりが即レスしてくると疲れてしまう』(32歳/商社)

男性によってLINEをやり取りするスピード感は異なります。
すぐに返信をして欲しい男性に対してLINEをしている際に、返信が数時間置きとなってしまっては、男性も「まぁ返信はいつでもいいか」と思ってしまい、なかなか返事がきません。

逆に、すぐに返信されることにプレッシャーを感じる男性の場合、すぐに返ってくるLINEに面倒くささを感じてしまい、未読スルーされてしまいます。
すぐに返事をもらいたい場合は、相手のペースに合わせてLINEすることが重要です。

(4)ポジティブな内容が多い

『見るたびマイナスなことばかり書かれているとメッセージを開く気も失せる』(26歳/アパレル)

例えば、恋人に送るLINEでも、愚痴や文句などのネガティブな内容よりは「好き」や「会いたいな」とポジティブなLINEの方が嬉しいものです。

いつもポジティブなLINEを送ってくれる人からのメッセージは男性も楽しく受け取ることができますね。

ネガティブなLINEばかりしていると「きっとまたネガティブな内容なんだろうな」と開く前から嫌な気分にさせてしまい、なかなかLINEを見てもらうことができません。


いかがでしたか。
男性と女性は、LINEに対しての価値観が異なります。
男性にとって返信しやすいLINEを送るためには、相手の気持ちになって考えることが大切です。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む