自分が普段言っている何気ないセリフで、彼をウンザリさせいることは実はよくあること。

特に主張力の強い女性は、しつこさや言っていることの内容から「おばさんくさい」なんて思われないように注意。
男性に絶対に言ってはいけない「おばさん」セリフとはどんなものがあるのでしょうか?

(1)「これだから男は……」

『男女平等とか言っておきながら、女性の方がそういうこと言うよね』(26歳/映像)

何の悟りを開いているのか、男性とは、女性とは、といったセリフをやたらと振りかざすことは厳禁。
その上から目線な感じが、もうおばさんくさい認定に繋がってしまいます。

実際、年齢的にはまだまだいろいろな経験をする時期でしょう。
「これだから〜」なんて御託を並べるのは早いですし、そんな姿には痛々しさしかないものです。

(2)「私の経験だと……」

『飲み会のときは特に言いたがるオバサンが多い』(31歳/商社)

自分の経験や知識をやたらと話そうとし、その流れから説教に繋げていくパターン。
そもそも説教臭い感じは、年寄り臭いといった印象から嫌がられることがほとんどです。
また、男性はプライドが高い人も多いので、説教女はもとからどこか鼻につくんですね。

それでいて実際にはそこまでの年齢でもないのに、自分の経験で話を進めようとするのはうっとうしさ100%
自分の経験から説教をしようとするその姿勢が、もはやおばさんくさいものです。

(3)「私もう歳だから」

『なんてフォローしていいかわからない(笑)』(23歳/販売)

聞いてもいないのに年齢を気にするような発言をしたり、自虐したりするような発言ですね。
年齢にばかりコンプレックスを感じているのが、もはや「おばさん」です。

もう歳だから……と言ってどこかすかしたような態度を取る人は、逆に痛々しいもの。
いつも年齢のことを気にしているのが丸わかりですね。

(4)「なんか若いって感じだよね」

『若いとかって関係ある?』(25歳/会社員)

自分のコンプレックスを認めるのには、周りをあえてけなすと言いといいます。
そうすることで、自分のアイデンティティを守ろうとします。

そのため、若い女性・男性を見ると「若いって感じだね」とどこか見下したような発言をするんです。

そして既にある程度年齢を重ねている自分のなんとか認めようとしているのでしょう。
実際、本当に若い人を見て「まだまだ若い」と発言する人は、年齢を気にしている証拠。
上の「歳だから」と言うおばさんセリフと同じ痛々しさがあります。


いかがでしたか?

おばさん発言ばかりが目立つと、残念ながら好きな人からは恋愛対象外にされてしまいがちです。

女性らしく若々しい印象でいられるのがやっぱり一番。
おばさん発言は恋愛成就のためにはなるべく封印していくようにしましょう!

(恋愛jp編集部)

モテテク記事をもっと読む