相手によって気持ち良い体位が違うのはなぜでしょうか?
それは実は、男性のアソコの形やタイプが影響しているといいます。
彼とのHを本当に楽しむなら、彼のアソコ的にはどんな体位がいいのか知ることが大切なのかも。
今回は、男性のアソコ別にピッタリ合う体位をご紹介します。

(1)長い…測位/寝バック

『彼女に痛いって言われてショックだった』(29歳/営業)

長めのアソコなら、測位や寝バックなどの体位がおすすめです。
長いと男性は誇らしく思う人も多いようですが、セックスの相手としては女性は実は微妙に感じることも。
なぜなら長いと、奥まで入りすぎて「正直気持ち良いっていうか痛い……」という風になりがちだからです。

そのため、寝バックや測位など、足を閉じた状態の体位がちょうど良いんです。
足を開いたままだと、普通は入りづらくなかなか気持ち良さを感じられないことが多いもの。
ですが長ければ話は別で、むしろ寝バックや測位くらいが一番気持ち良く感じられることもあるくらいです。

(2)短い…バック/松葉崩し/正常位

『寝バックをした時すぐに抜けてなんだか気まずかった…』(25歳/公務員)

彼のアソコが短いときは、うまく長いこと繋がりやすい体位を選ぶのが一番。
おすすめはバックや松葉崩し、もしくは正常位など。
特にバックは男性にとって比較的挿入がしやすいので、短くても奥までうまく入れられることも。

そのほか、松葉崩しや正常位もうまく入ることが多いので良いでしょう。
間違っても寝バックなど、ある程度長さが必要な体位は試さないこと。
すぐに抜けてしまい、なんだかいまいち盛り上がりに欠けるセックスになってしまいます。

(3)全体的に細い…正常位/測位

『やっぱり正常位が一番』(30歳/美容師)

全体的に細い場合は、短い場合と同じで抜けやすいのが難点に。
ですがもし短くても長さがあるなら、測位などを試してみるとちょうど良いかもしれません。

その他は彼のを支えるイメージを持ちながら膣を締め、正常位で挿入するのもスタンダードでおすすめです。
ちなみに腰あたりにクッションなどを敷いておくと、膣を締めやすくなるといいます。

(4)先が細い…騎乗位/座位

『先細りにも希望はある』(25歳/営業)

先細りタイプは、騎乗位、座位などがおすすめです。
残念ながら先細りタイプは、ピストン運動の際に膣の中をあまりカリが刺激してきません。
そのため実は、通常のピストン運動ではセックスを楽しめない場合も多いんです。

従って女性自身が動くタイプの騎乗位、座位などがちょうど良く気持ち良さを感じられます。
ピストン運動をするというよりは、グリグリして刺激する感じですね。


いかがでしたでしょうか?
男性のアソコの形やタイプによって相性の良い体位があるというのも驚きですよね。
彼とより気持ちよくなれる体位を探す際には、ぜひ役立ててみてください。

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む